萩原彦三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
萩原彦三

萩原 彦三(はぎわら ひこぞう、1890年明治23年)4月6日[1] - 1967年(昭和42年)10月15日[2])は、日本の拓務官僚

経歴[編集]

埼玉県大里郡御正村(現在の熊谷市)出身[1]1915年大正4年)10月に文官高等試験に合格し[3]、翌年に東京帝国大学法科大学法律学科を卒業した[4]朝鮮総督府試補、同参事官、同事務官学務局学務課長・宗教課長、殖産局水産課長、総督官房文書課長、殖産局土地改良課長、咸鏡南道知事などを歴任した[1]

その後、拓務省管理局長、同殖産局長を経て、1937年(昭和12年)5月14日に拓務次官に就任し[4][5]1939年(昭和14年)4月15日に次官を辞して退官した[6]

退官後は朝鮮鉱業振興株式会社社長、朝鮮燐鉱株式会社社長などを務めた[7]

著書[編集]

  • 『朝鮮行政法』松山房、1933年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 輓近大日本拓殖史 p.485 1934.
  2. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、213頁。
  4. ^ a b 人事興信録 1941.
  5. ^ 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、82頁。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、82、213頁。
  7. ^ 大衆人事録 1930.

参考文献[編集]

  • 『輓近大日本拓殖史』 日本行政学会、1934年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。