この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

萩原麻子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

萩原 麻子
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県春日井市
生年月日 (1992-03-27) 1992年3月27日(26歳)
身長
体重
171 cm
63.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009 投手4巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

萩原 麻子(はぎわら まこ、1992年3月27日 - )は、日本の元女子プロ野球選手。愛知県春日井市出身。

経歴

中学生で槍投げを始める。3年生のときにジャベリックスローで愛知県ジュニアオリンピックに出場し決勝まで残った。豊田大谷高校進学後もやり投げを続け、2008年インターハイ愛知県大会で見事優勝を果たしたが、全国大会では44位と振るわず。翌2009年の愛知県大会でも2連覇を達成、全国大会に再び挑むも14位と振るわなかった。その後の日本ジュニア選手権では12位を記録。

その後大学の特待生での進学が難しく「親に経済的負担をかけたくない」と就職を考えていたところ所属していた陸上部の監督から「球技にセンスがある」とすすめられ、日本女子プロ野球機構第1回合同トライアウトを受験し合格した[1]硬式軟式野球どころかソフトボールさえも本格的な経験が無いプロ野球選手誕生ということで話題を呼ぶ。同年12月のドラフト会議で兵庫スイングスマイリーズへの加入が決定した。

しかし、消化試合ですら登板機会がないなど満足な出場機会が得られないまま、2011年オフに機構より戦力外通告を受ける。その後育成選手として残留し、ユースチームの選手兼コーチを務めた。2012年後期シーズンからは京都アストドリームスに加入。12月に現役引退を発表した[2]

引退後はスタッフとして従事した[3]2015年シーズンから京都フローラ球団代表として務め[3]、その年「日本女子プロ野球リーグ2015」で、優勝球団代表者賞を受賞した[4]

人物

  • 愛知県出身であり大の中日ドラゴンズファンである。
  • トライアウト受験時点ですでに自衛隊への就職が内定していたが、トライアウトに合格したために断りを入れた。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 スマイリーズ 9 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 0 1 2 .000 .000 .000 .000
2011 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2012 ドリームス 8 8 8 2 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 - 0 1 0 .375 .375 .500 .875
JWBL:3年 20 14 14 2 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 - 0 3 2 .214 .214 .286 .500
  • 「-」は記録なし。

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2010 スマイリーズ 5 - 0 0 0 0 1 0 - .000 34 6.2 11 0 5 - 0 0 2 0 6 6 8.06 2.40
2011 2 - 0 0 0 0 1 0 - .000 14 3 3 0 3 - 1 0 0 0 3 2 4.67 2.00
2012 ドリームス 3 - 0 0 0 1 1 0 - .500 58 10.2 17 0 8 - 2 1 1 0 13 11 7.20 2.34
JWBL:3年 10 - 0 0 0 1 3 0 - .250 106 19.1 31 0 16 - 3 1 3 0 22 19 6.54 2.31
  • 「-」は記録なし。

背番号

脚注

  1. ^ 日本女子プロ野球機構発行冊子「萩原麻子物語」
  2. ^ 細田あかね選手、萩原麻子選手 現役引退のお知らせ[リンク切れ] 日本女子プロ野球機構 GPB45、2012年12月22日.2013年2月3日閲覧。
  3. ^ a b 日本女子プロ野球リーグ(ニュース・2014年12月25日)
  4. ^ CYCLE (2015年12月7日)

関連項目