萩山教嚴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
萩山 教嚴
はぎやま きょうごん
Kyogon Hagiyama 2001.jpg
生年月日 (1932-03-20) 1932年3月20日
出生地 日本の旗 日本 石川県羽咋郡北志雄村
没年月日 (2015-10-13) 2015年10月13日(83歳没)
出身校 立命館大学
前職 富山県議会議員
所属政党 自由民主党
称号 勲二等旭日重光章
銀杯一組
親族 長男・萩山峰人

選挙区旧富山2区→)
比例北陸信越ブロック富山3区
当選回数 6回
在任期間 1990年2月19日 - 2009年7月21日

選挙区 氷見市
当選回数 2回
在任期間 1971年 - 1979年
テンプレートを表示

萩山 教嚴(はぎやま きょうごん、1932年3月20日 - 2015年10月13日)は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(6期)。伊吹派所属。

長男の萩山峰人は氷見市議会議員(2003年の富山県議選に立候補し落選)。

略歴[編集]

議会活動[編集]

「産む機械」発言への対応[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

その他[編集]

  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している[6]
  • 羽咋高校時代には相撲部に所属し高等学校相撲金沢大会で団体優勝を経験した。全国の大学の相撲部から誘いがあったが、同じ石川県出身の衆議院議員・小川半次からの誘いが決め手となり、小川の母校である立命館大学への進学を決めた。
  • 正力松太郎が読売新聞社主だった時代は、読売新聞の社員として秘書課に勤務していた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “萩山教厳さん死去”. 朝日新聞デジタル. (2015年10月15日). https://www.asahi.com/articles/DA3S12015960.html 2020年2月5日閲覧。 
  2. ^ 官報』平成22年4月30日付 号外第93号、45頁
  3. ^ 元衆院議員・萩山教厳さん死去”. 朝日新聞 (2015年10月14日). 2015年10月14日閲覧。
  4. ^ 平成27年11月11日官報
  5. ^ 衆議院インターネット審議中継
  6. ^ [1]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  • はぎ山みねと オフィシャルサイト
    • 旧萩山教嚴ホームページ。現在は同一ドメインで息子の峰人のホームページが作成されており、萩山の議員時代の過去ログなども残されていない。
公職
先代:
石破茂
日本の旗 防衛庁副長官
2001年 - 2002年
次代:
赤城徳彦
議会
先代:
金子一義
日本の旗 衆議院大蔵委員長
2000年
次代:
廃止