萩野崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はぎの たかし
萩野 崇
本名 萩野 崇
生年月日 (1973-05-27) 1973年5月27日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 182 cm
血液型 B型
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年:俳優デビュー
1996年:『超光戦士シャンゼリオン
2002年:『仮面ライダー龍騎
配偶者 独身(結婚歴あり)
主な作品
映画
劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
テレビドラマ
超光戦士シャンゼリオン
仮面ライダー龍騎
テンプレートを表示

萩野 崇(はぎの たかし、1973年5月27日 - )は、日本俳優声優である。東京都出身。身長182cm、体重63kg、血液型B型。ニックネームはハギハギー。『仮面ライダー龍騎』の共演者からはアニキという愛称で呼ばれていた。長良プロダクションを経て2018年からはフリー。

来歴[編集]

1991年に俳優デビューする。1996年に『超光戦士シャンゼリオン』の主人公の私立探偵、涼村暁 / シャンゼリオン役で主演を務め、2002年には『仮面ライダー龍騎』のメインキャラクターの1人で凶悪殺人犯、脱獄犯、浅倉威 / 仮面ライダー王蛇役を演じ、正義と悪のヒーローの両方を演じた俳優の1人となった。

2004年声優活動開始、シルバーアクセサリーブランドWild Strawberryとのコラボモデルアクセサリーを発売してアクセサリー制作に携わり、同社サイトのモデルとして出演した際に『仮面ライダー龍騎』で着用していた蛇革のジャケットを再び着用した[1][2]

2007年10月から2008年3月まで、『おもいッきりイイ!!テレビ』内のコーナー『美肌泉隊SPAレンジャー』にレギュラー出演した。

『龍騎』の公式イベントで京都の大宮東映に移動した際、ファンからの変身ポーズのリクエストに答え、王蛇とは別に『超光戦士シャンゼリオン』の変身台詞の「燦然!」を言いつつ同キャラの変身ポーズを行うという、自身繋がりのネタを披露した。『龍騎』劇中での王蛇の動きは漫画作品である『北斗の拳』に登場するカイオウをイメージしていた。「北斗宗家北斗琉拳)の手の動きが好きなんで、それを意識して常に力みのないキャラをやろうって思って」とのこと[3]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 大阪慕情のれん一代.(1997年8月、明治座
  • 新宿ドブ板物語(2003年8月、新宿紀伊國屋サザンシアター) - 主演
  • シンデレラ(2004年7月、日本橋三越ファミリー劇場) - 王子 役
  • シンデレラ(2004年8月、地方公演)
  • 赤い靴(2004年12月、日本橋三越ファミリー劇場) - トニー 役
  • WEL-COME to パラダイス(2006年2月9日 - 19日)
  • CHANBARA FEVER〜八戸より愛を込めて〜(2007年9月26日 - 30日、第19回池袋演劇祭参加公演)
  • ジョリー・ロジャー(2009年1月、劇団ファントマ サンシャイン劇場シアタードラマシティ
  • MASKED RIDER LIVE&SHOW 〜十年祭〜(2009年6月28、29日) - 仮面ライダー王蛇の声 役
  • トライフル〜reorder〜(2010年1月、全労済ホールスペース・ゼロ
  • アリー・エンターテイメントプロデュース「いい日、リストラ」(2010年8月18日 - 22日、シアターグリーン
  • 劇団VitaminX (2010年9月25日 - 10月4日) - 葛城銀児 役
  • オフィスインベーダー「方舟」(2011年11月9日 - 13日、俳優座劇場) - カンダタ 役
  • 銀河英雄伝説 星々の軌跡(2015年6月10日 - 21日 Zeppブルーシアター六本木) - ワルター・フォン・シェーンコップ 役
  • Office ENDLESS
  • ダイヤのA The LIVE III(2016年8月19日 - 9月4日、Zeppブルーシアター六本木)- 轟雷蔵 役
  • ミュージカル「しゃばけ」(2017年1月19日 - 29日、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA)- 暗夜 役
  • ALL OUT!! THE STAGE(2017年5月25日 - 6月4日、Zeppブルーシアター六本木)- 籠信吾 役[6]
  • SHATNER of WONDER #6「遠い夏のゴッホ」(2017年7月14日 - 23日、天王洲 銀河劇場 / 7月29日 - 30日、森ノ宮ピロティホール)- ラングレン 役[7]
  • 舞台もののふシリーズ最終章 駆けはやぶさ ひと大和(2018年2月8日 - 18日、天王洲銀河劇場 / 2月23日 - 25日、森ノ宮ピロティホール) - 勝海舟
  • 義経ギャラクシー -銀河鉄道と五条大橋の999-(2018年3月8日 - 11日、北とぴあ つつじホール)[8]
  • 『龍よ、狼と踊れ~Dragon,Dance with Wolves~』 ~草莽の死士~(2018年3月21日 - 4月1日、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA)- 坂本龍馬 役[9]
  • あなたも知らない舞台裏(2018年8月15日 - 19日、新宿村LIVE)[10]
  • 「pet」 - 林 役
    • 「pet」─壊れた水槽─(2018年12月5日 - 9日、草月ホール)[11]
    • 「pet」─虹のある場所─(2019年7月29日 ‐ 、神田明神ホール)[12]
  • DisGOONie
    • Vol.5「PHANTOM WORDS」(2019年3月15日 - 24日、ヒューリックホール東京)[13]
    • Vol.6「PANDORA」(2019年7月11日 - 17日、スペース・ゼロ
    • Vol.8「DECADANCE」ー太陽の子ー(2020年1月24日 - 2月1日、EX THEATER ROPPONGI / 2月8日 - 9日、森ノ宮ピロティホール)
    • Vol.9「GHOST WHITER」(2021年1月22日 - 24日、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール / 1月29日 - 2月7日、EX THEATER ROPPONGI)- トレヴィル 役[14]
  • 血界戦線」- ギルベルト・F・アルトシュタイン 役
    • 「血界戦線」(2019年11月2日 - 10日、天王洲 銀河劇場 / 11月14日 - 17日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
    • 「血界戦線」Beat Goes On(2020年11月20日 - 29日、天王洲 銀河劇場 / 12月3日 - 6日、メルパルクホール大阪)[15]
  • 炎炎ノ消防隊(2020年7月31日 - 8月2日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ / 8月6日 - 9日、KT Zepp Yokohama)- レオナルド・バーンズ 役[16]
  • DisGOONieS
    • エイリアンハンドシンドローム(2020年9月2日 - 13日、銀座DisGOONieS)[17]
    • 饗宴「Führer」(2020年10月21日 - 11月1日、銀座DisGOONieS)[18]
  • 配信朗読劇「Candle Story」(2020年12月16日・19日・20日、無観客生配信) - 柊二郎 役[19]
  • 知り難きこと陰の如く、 動くこと雷霆の如し。(2020年12月21日、スペース・ゼロ)※日替わりゲスト出演
  • 舞台「双牙~ソウガ」新炎(2021年3月5日 - 14日、シアター1010)- デンベイ 役[20]
  • ひとりしばい特別公演 「THE LOVE」冬パート(2021年3月31日配信)[21]
  • ロックミュージカル「MARS RED」(2021年6月24日 - 7月1日、天王洲銀河劇場)- 中島宗之助 役[22]
  • 舞台「憂国のモリアーティ」case 2(2021年7月23日 - 8月1日、新国立劇場 中劇場)- ジャック・レンフィールド 役[23]

オリジナルビデオ[編集]

  • 狂犬MAD DOG(1994年7月)
  • 最後の馬券師2(1994年10月)
  • 湘南爆走族2 熱闘!アルバイト大作戦(1998年2月)
  • 首領への道 1 - 4(1998年5月) - 白虎会組員 尾形克也 役
  • ワル外伝(1998年8月)
  • 日本極道史 誇り高き戦い(1999年11月)
  • 日本極道史 龍神三兄弟(2000年1月21日)
  • 必殺!亜空間(2000年6月)
  • 七人のスロッター(2000年7月) - 宮原俊介 役
  • メイク・アップ〜モデルの女(2000年10月)
  • ワル序章(2004年)
  • イヴォルバー -EVOLVER-(2004年6月) - シロウ 役
  • CONFLICT 〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁1,2(2019年) - 織田同志会 小野田勝利 役
  • 織田同志会 織田征仁(2020年) - 織田同志会会長 小野田勝利 役

プロモーションビデオ[編集]

  • SEGA シャンゼリオン(1996年6月)

Webドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

  • SEGA「超光戦士シャンゼリオン スーパー装備」(1996年)
  • ロッテ「もぎたてスウィーティー」(1996年)
  • 大東建託「いい部屋が呼んでいる」篇(2004年)
  • グリコ「ジャイアントコーン(がっつりいっちゃう篇)」(2007年)

その他[編集]

  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION V BUCKLE(2018年12月、玩具) - 浅倉威 / 仮面ライダー王蛇 役

作品[編集]

DVD[編集]

  • Takashi Hagino in Venezia(2004年、日本メディアサプライ)

写真集[編集]

  • 仮面ライダー龍騎公式アルバム NAKEDSEVEN(2002年7月、角川書店) ISBN 978-4048535380
  • 俳優・萩野崇(2003年4月 朝日ソノラマ) ISBN 978-4257036739

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ワイルドストロベリー Wild Strawberry スチルギャラリー
  2. ^ 松村清秀プロデュース シルバーアクセサリー ワイルドストロベリー Wild Strawberry/商品一覧ページ
  3. ^ 宮島和弘編「特集・仮面ライダー龍騎 RYUUKI’S CAST INTERVIEW SPECIAL 萩野崇」 『東映ヒーローMAX 2002 Vol.3』辰巳出版〈タツミムック〉、2002年12月10日、ISBN 4-88641-829-5、11頁。
  4. ^ a b “「仮面ライダー龍騎」城戸真司×秋山蓮再び!「ジオウ」スピンオフにオリジナルキャスト”. シネマトゥデイ. (2019年3月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0107513 2019年3月17日閲覧。 
  5. ^ 女詐欺師レン キケンな情事を追え! : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年9月12日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “舞台「ALL OUT!!」開幕、西田シャトナー「いつかはキャラ全員出るバージョンも」” (日本語). コミックナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. “西田シャトナー「遠い夏のゴッホ」愛するセミに歌うため、息を飲む極限の昆虫世界” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. ““義経千本桜×銀河鉄道の夜”X-QUEST「義経ギャラクシー」ゲストに萩野崇ら” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  9. ^ Inc, Natasha. “幕末の動乱描く、赤澤遼太郎主演「龍よ、狼と踊れ」番外編も同時上演” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “若手演出家に待ち受けるのは…?松澤くれは「あなたも知らない舞台裏」” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  11. ^ 三宅乱丈「ペット」植田圭輔主演で舞台化、共演に桑野晃輔・谷佳樹・萩野崇”. ステージナタリー. 2018年10月11日閲覧。
  12. ^ Inc, Natasha. “【公演 / 会見レポート】舞台「pet」“完結編”が開幕、植田圭輔「最後の瞬間を見届けて」” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  13. ^ “西田大輔「PHANTOM WORDS」にDa-iCE花村想太、生駒里奈”. ステージナタリー. (2018年4月21日). https://natalie.mu/stage/news/313545 2018年12月25日閲覧。 
  14. ^ Inc, Natasha. “題材はデュマの小説、西田大輔の新作「GHOST WRITER」主演は猪野広樹(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】百瀬朔「ヘルサレムズ・ロットを思う存分楽しんで」、舞台「血界戦線」第2弾スタート(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】「炎炎ノ消防隊」神奈川公演の開幕に牧島輝「忘れられない舞台にしてみせます」(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  17. ^ Inc, Natasha. ““海賊”たちのレストラン公演「エイリアンハンド~」に北村諒・鈴木勝吾ら” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  18. ^ Inc, Natasha. “西田大輔のレストラン公演「饗宴」に安西慎太郎、窪寺昭、糸川耀士郎ら” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  19. ^ Inc, Natasha. “生配信朗読劇「Candle Story」太田将熙・鎌苅健太・健人らが回替わり出演” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】猪野広樹&伊崎龍次郎が武将と軍師に「双牙」“新炎”開幕、千秋楽公演のライブ配信も” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  21. ^ Inc, Natasha. “ある男の生涯を俳優4人の“ひとりしばい”に、「THE LOVE」に木津つばさら(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “太田基裕主演「MARS RED」中村誠治郎・糸川耀士郎・柳瀬大輔ら全キャスト発表” (日本語). ステージナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  23. ^ Inc, Natasha. “舞台「憂国のモリアーティ」第2弾、追加キャストに立道梨緒奈・萩野崇・村田洋二郎(コメントあり)” (日本語). コミックナタリー. 2021年5月4日閲覧。
  24. ^ 電撃PlayStation』Vol.594、KADOKAWA、2015年7月9日。
  25. ^ takashi_kosのツイート2020年1月5日閲覧。