萩野通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 萩野通
萩野通
現存する萩野通住宅
現存する萩野通住宅
萩野通の位置(愛知県内)
萩野通
萩野通
萩野通の位置
萩野通の位置(名古屋市内)
萩野通
萩野通
萩野通の位置
北緯35度12分28.1秒 東経136度54分39.9秒 / 北緯35.207806度 東経136.911083度 / 35.207806; 136.911083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
北区
町名制定 1945年(昭和20年)1月1日
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[1]
 • 合計 460人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
462-0026[2]
市外局番 052 (名古屋MA)[3]
ナンバープレート 名古屋

萩野通(はぎのとおり[4]、はぎのどおり)は、愛知県名古屋市北区にある地名。現行行政地名は萩野通1丁目及び萩野通2丁目。住居表示未実施[5]

地理[編集]

国道41号(空港線)を挟んで両側に位置する。また、国道41号のこの区間を萩野通と称することもある。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

かつてこの地にあった萩野村に由来する。萩野自体の由来は米ヶ瀬に萩の名所があったことから[6]

沿革[編集]

萩野通1丁目に所在した名古屋市警察訓練所(名古屋市警察学校)校舎。旧北区役所庁舎を改装して使用した。
  • 1944年昭和19年)2月11日 - 北区成立に伴い、当町域内に北区役所が設置される(1948年12月1日に黒川本通2丁目16番地に新築移転)[7]
  • 1945年(昭和20年)
    • 1月1日 - 北区光音寺町の一部(字中道間・浪打・油田・葭原・道下・五反田・古墓・鳩岡の各一部)[8]西志賀町の一部より成立[4]
    • 6月7日 - 愛知県城北消防署(1948年3月7日北消防署に改称)が北区萩野通2丁目1番地に移転(『北区誌』)[9]
  • 1947年(昭和22年)度 - 町域の農地に萩野通住宅として木造住宅30戸が建設される[10]
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月1日 - 1丁目の旧北区庁舎を改装し、名古屋市警察訓練所設置[11]
    • 7月1日 - 名古屋市警察訓練所を名古屋市警察学校と改称[11]
  • 1955年(昭和30年) - 名古屋市警察廃止に伴い、名古屋市警察学校廃止[11]
  • 1960年(昭和35年)2月1日 - 名古屋市電清水口延長線が黒川本通四丁目から城北学校前停留所まで延伸される[12]
  • 1967年(昭和42年)2月1日 - 名古屋市電清水口延長線黒川-城北学校前間廃止[12]
  • 1978年(昭和53年) - 一部が鳩岡2丁目に編入される[4]
  • 1988年(昭和63年)12月21日 - 名古屋高速道路萩野出入口設置。
  • 1994年平成6年)11月16日 - 名古屋高速道路萩野出入口廃止。

世帯数と人口[編集]

2019年平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
萩野通 264世帯 460人

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[13]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[14]。なお、小・中学校は学校選択制度を導入しておらず、番毎で各学校に指定されている。

丁目 小学校 中学校 高等学校
萩野通1丁目 名古屋市立城北小学校
名古屋市立東志賀小学校
名古屋市立光城小学校
名古屋市立北陵中学校
名古屋市立志賀中学校
尾張学区
萩野通2丁目 名古屋市立光城小学校 名古屋市立志賀中学校

交通[編集]

略地図
1
市バス城北小学校3番のりば
2
市バス城北小学校5番のりば
3
市バス北図書館アのりば
4
市バス北図書館イのりば

鉄道[編集]

現在は当地には鉄道はないが、かつては名古屋市電の路線があった。

バス[編集]

  • 名古屋市営バス名古屋市交通局
    • 城北小学校停留所[15]
      • 3番のりば(城北小学校南) - 幹栄1系統(栄・黒川・西部医療センター行)・黒川11系統(黒川行)・黒川12系統(博物館行)
      • 5番のりば - 幹栄1系統(如意住宅・水分橋行)・黒川11系統(如意車庫前・北部市場行)・黒川12系統(中切町行)・北巡回(福徳町経由左回り黒川行)
    • 北図書館(北文化小劇場)停留所[16]
      • かつては、志賀住宅前停留所と称していた。
      • アのりば - 幹栄1系統(如意住宅・水分橋行)・黒川11系統(如意車庫前・ 北部市場行)・黒川12系統(中切町行)
      • イのりば - 幹栄1系統(栄・黒川・西部医療センター行)・黒川11系統(黒川行)・黒川12系統(博物館行)

道路[編集]

施設[編集]

略地図
1
北消防署
2
第一交通機動隊
3
市営萩野荘
4
ジー・フード本社
5
ベスパインターナショナル本社
6
玉屋庄兵衛工房
7
中京銀行城北支店
8
山田産婦人科
9
城北歯科
10
橋本整形外科クリニック
11
萩の湯

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c 角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1058.
  5. ^ 北区の町名一覧”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ 『西枇杷島郡誌』13頁。
  7. ^ 北区制50周年記念事業実行委員会編『北区誌』1994年、478頁。
  8. ^ 名古屋市北区役所市民室『北区 私たちのまち』名古屋市北区役所、1979年3月。
  9. ^ 北区制50周年記念事業実行委員会編『北区誌』1994年、480頁。
  10. ^ 北区制50周年記念事業実行委員会編『北区誌』1994年、458頁。
  11. ^ a b c 愛知県警察史編集委員会 1975, p. 277.
  12. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7号(東海)、新潮社、2008年、58頁。ISBN 978-4-10-790025-8。
  13. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  14. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  15. ^ 名古屋市交通局 なごや地図ナビ 城北小学校2013年9月8日閲覧。
  16. ^ 名古屋市交通局 なごや地図ナビ 北図書館2013年9月8日閲覧。
  17. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

参考文献[編集]

  • 『愛知県警察史 第3巻』愛知県警察史編集委員会、愛知県警察本部、1975年(日本語)。
  • 『北区 私たちのまち』名古屋市北区役所市民室、名古屋市北区役所、1979年3月(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、萩野通に関するカテゴリがあります。