萬代橋 (広島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
萬代橋
萬代橋・広島01.JPG
欄干
萬代橋・広島02.JPG
橋全体
基本情報
日本の旗 日本
所在地 広島県広島市
交差物件 太田川水系元安川
建設 1878年 木橋
1916年 鋼鈑桁橋
1981年 鋼鈑桁橋(架替)
座標 左岸:中区大手町、右岸:中区加古町
北緯34度23分 東経132度27分座標: 北緯34度23分 東経132度27分
材料 上部工:鋼橋;下部工:RC構造;基礎工:
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
画像外部リンク
被爆後の影の跡
Hiroshima ground Ota River bridge A3441 e1317588716651 アメリカ国立公文書記録管理局が所有する米軍撮影写真。

萬代橋(よろずよばし)は、広島市中区元安川に架かる道路橋である。

諸元[編集]

  • 路線名 : 広島市道中1区278号線
  • 橋長 : 94m
  • 支間長 : 27.6m + 38.0m + 27.6m = 93.2m
  • 全幅 : 16m
  • 幅員 : 歩道3m + 車道4.5m×2 + 歩道3m = 15m
  • 上部工 : 3径間連続鈑桁
  • 下部工 : RC逆T式橋台2基、RC張出式橋脚2基
  • 基礎工 : 杭基礎

概要[編集]

東岸の大手町三・四丁目と西岸の加古町を結ぶ。上流に平和大橋、下流に新明治橋がある。

歴史[編集]

1878年明治11年)木橋として架橋されたものが初代の萬代橋である。1916年大正5年)、ドイツ人技師の設計により当時水主町(現・加古町)に所在していた県庁の西詰に鋼鈑桁橋として架け替えられ、「県庁橋」とも呼ばれた。

1945年8月6日原爆被災時には爆心地から880mの距離に位置しており、その際の熱線でこの橋を渡っていた人と荷車の影がアスファルトに焼きついていたことが記録写真などにより知られている。しかし欄干が吹き抜けになっていたことで橋自体は倒壊せず、熱線で焼き付けられた欄干の影などから地上から上空の原爆爆発点までの距離(580 - 600m)が算出された。

被爆した橋は戦後も長く使用され、1971年には側歩道橋が架設されたが、1980年になって現在の橋に架け替えられ、付近に旧橋の親柱が保存されている。

原爆記録画運動と萬代橋[編集]

1974年、ある老人がNHK中国本部(現在のNHK広島放送局)に1枚の絵を持参してきた。それは老人が当時視聴していたTVドラマ鳩子の海」の内容に刺激を受け、被爆直後の萬代橋付近の惨状を描いたものであった。同年6月NHKがこの絵をもとに「届けられた一枚の絵」というテーマで番組を放送すると、それをきっかけに市民が続々と同局に記録画を寄せるようになり、8月6日には1,000点近くに達した原爆記録画が平和記念館(現在の広島平和記念資料館東館)で展示された。これが現在も続く市民による原爆記録画運動(「市民の手で原爆の絵を」)の始まりとなった。

周辺施設[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]