落下女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
落下女
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 松岡至
中西健
髙松明央
出演者 出演を参照
エンディング 歴代エンディングテーマを参照
単発特番
放送期間 2005年4月16日(1回)
レギュラー放送
放送時間 毎週火曜 23:25 - 23:55
放送期間 2005年10月4日 - 2006年3月28日
テンプレートを表示

落下女』(らっかおんな)は、日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組

放送時間は毎週火曜日の23:25 - 23:55。2005年4月16日に『バリューナイトフィーバー』の第2弾として放送。好評だったことから同年10月4日からレギュラー番組として放送がスタートした。『不幸の法則』の後継番組。

概要[編集]

“ブサイク”な若手のお笑いタレントたちが“こうすれば女の子は落ちるはず”という方法(俗に言う妄想)をコントやVTRで紹介する。トークコーナーでは、平均18~25歳の若い女性が登場し、お笑いタレントたちとトークを展開する。しかし、後期になると、コントとロケが中心となり、女性とブサイク芸人達のトークは終了。さらにナレーター役の若槻千夏もコントに参加するようになったのと引き換えに、レギュラー出演者のドランクドラゴン杏さゆり片桐仁ラーメンズ)の出演機会が激減。代わって南海キャンディーズアンガールズ新垣結衣の出演機会が増え、おぎやはぎとバナナマンが番組内で目立つようになり(と、いうより、暴走していたことが多かった)、スタート時とスタイルが変わってしまった。ちなみに、タレントの衣装やBGMは、80年代後半~90年代前半の渋谷系カルチャーを意識している。

2006年3月28日の放送をもって終了した。後番組は「恋愛部活(ラブカツ)」。

出演[編集]

ブサイク芸人集団

レギュラー放送から

天の声(ナレーション)
その他の出演者

深夜枠のみ

スタッフ[編集]

  • 企画・演出:安島隆
  • 構成:オークラ鈴木工務店、金子正昭、アリエシュンスケ、成瀬正人
  • TM:勝見明久
  • SW:望月達史、木村博靖
  • カメラ:水梨潤
  • 音声:三石敏生、中村宏美
  • 調整:杉本裕治、佐久間治雄
  • 照明:内藤晋
  • 編集:加納敏行
  • MA:飯塚雄一
  • 音効:宮下博国(ユミックス
  • 美術:塚越千恵
  • デザイン:中村桂子
  • タイトル&イラスト:ニイルセン
  • キャラクター:玉越博幸
  • CG:加藤陽一
  • 編成:柴田裕次郎
  • 広報:柳沢典子
  • デスク:難波亜矢
  • リサーチ:今別府亮、平澤美紀
  • AD:比嘉志奈子、菅野優美子
  • スタジオディレクター:平山建司(ザ・ワークス)、長田昌之、須藤拓也
  • ディレクター:川端鉄也、桐谷太一、寺野慎一郎、田中宏史
  • プロデューサー:松岡至、中西健 / 髙松明央
  • チーフプロデューサー:梅原幹
  • 制作協力:いまじん
  • 制作著作:日本テレビ

DVD[編集]

  • 落下女
2005年7月21日発売。内容は2005年4月16日にバリューナイトフィーバーで放送されたものが収録されている。
出演はおぎやはぎ、ドランクドラゴン、バナナマン、片桐仁(ラーメンズ)、中尾明慶
  • 落下女 女子を落とせるベストコント集1
2006年1月25日発売。レギュラー放送から厳選されたコントと企画が収録されている。
  • 落下女 女子を落とせるベストコント集2
2006年4月26日発売(発売日には番組は終了している)。こちらもレギュラー放送から厳選されたコントと企画が収録されている。

すべてバップから発売されている。

BGM [編集]

前述のとおり、渋谷系のカルチャーを意識した雰囲気だったため、渋谷系に代表されるミュージシャンが多く使用されていた。

他にPizzicato Fiveの「プレイボーイ・プレイガール」やFlipper's Guitarの「恋とマシンガン」「南へ急ごう」が使用されていた。

歴代エンディングテーマ[編集]