落合南長崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
落合南長崎駅
Ochiai-minami-nagasaki-Station-ExitA2.jpg
A2番出入口(2020年6月5日撮影)
おちあいみなみながさき
Ochiai-minami-nagasaki
E 32 中井 (1.3 km)
(1.6 km) 新江古田 E 34
所在地 東京都新宿区西落合三丁目1-18
駅番号 E33[1]
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 [1]大江戸線
キロ程 33.7 km(都庁前起点)
電報略号[2](駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
28,212人/日
-2019年-
開業年月日 1997年平成9年)12月19日[3]
テンプレートを表示
ホーム(2019年12月)

落合南長崎駅(おちあいみなみながさきえき)は、東京都新宿区西落合三丁目にある、東京都交通局都営地下鉄大江戸線である。駅番号E 33。新宿区最西端かつ最北端の駅。

豊島区との境界付近に位置し、一部が同区南長崎に跨っている。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

東京都新宿区と豊島区の境界線付近に位置しており、新宿区側の地名が西落合、豊島区側の地名が南長崎であることから。なお、仮駅名は「南長崎」だった[5]

駅構造[編集]

地下17mに位置する島式ホーム1面2線の地下駅である。

開業時は出入口が2ヶ所だったが、2012年3月30日からA2出入口の反対側にA3出入口が開設されて3ヶ所になった[6]。この出入口は商業施設「i Terrace落合南長崎」と直結している[6]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 都庁前六本木(都庁前のりかえ)飯田橋方面
2 練馬光が丘方面

(出典:都営地下鉄:駅構内図

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員28,212人乗車人員:14,236人、降車人員:13,976人)である[7]。開業時には、乗車人員は12,400人/日と見込まれていた[8]

開業以来の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[9][10][11]
年度 1日平均
乗降人員[12]
1日平均
乗車人員[13]
出典
1997年(平成09年) 3,738 [* 1]
1998年(平成10年) 4,723 [* 2]
1999年(平成11年) 5,388 [* 3]
2000年(平成12年) 6,447 [* 4]
2001年(平成13年) 7,978 [* 5]
2002年(平成14年) 16,551 8,583 [* 6]
2003年(平成15年) 18,029 9,250 [* 7]
2004年(平成16年) 18,762 9,680 [* 8]
2005年(平成17年) 19,507 10,060 [* 9]
2006年(平成18年) 20,192 10,408 [* 10]
2007年(平成19年) 21,366 10,950 [* 11]
2008年(平成20年) 21,525 11,006 [* 12]
2009年(平成21年) 21,378 10,928 [* 13]
2010年(平成22年) 21,188 10,798 [* 14]
2011年(平成23年) 20,815 10,606 [* 15]
2012年(平成24年) 22,875 11,594 [* 16]
2013年(平成25年) 23,856 12,080 [* 17]
2014年(平成26年) 24,329 12,308 [* 18]
2015年(平成27年) 25,251 12,774 [* 19]
2016年(平成28年) 26,031 13,160 [* 20]
2017年(平成29年) 27,147 13,705 [* 21]
2018年(平成30年) 28,006 14,144 [* 22]
2019年(令和元年) 28,212 14,236 [* 23]

駅周辺[編集]

駅前の西落合一丁目交差点(新目白通り・新青梅街道)

バス路線[編集]

のりば番号については都営バス公式サイト「tobus.jp」で表示されている便宜上の番号であり[14]、実際は何も表記されていない。

のりば1
のりば3
のりば4

隣の駅[編集]

東京都交通局(都営地下鉄)
E 都営大江戸線
中井駅 (E 32) - 落合南長崎駅 (E 33) - 新江古田駅 (E 34)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ 安全施工管理責任者講習会テキスト (PDF)” (日本語). 東京都交通局. 2021年5月14日閲覧。
  3. ^ a b 鉄道ジャーナル』第32巻第3号、鉄道ジャーナル社、1998年3月、 89頁。
  4. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月6日閲覧。 
  5. ^ “都営地下鉄12号線 新設の8駅名決まる 12月開業の新宿-練馬間”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1997年2月13日) 
  6. ^ a b “大江戸線 落合南長崎駅 新出入口オープンのお知らせ” (日本語) (プレスリリース), 東京都交通局, (2012年3月30日), オリジナルの2016年3月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160314014349/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2012/sub_i_201203301_h.html 2020年5月6日閲覧。 
  7. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  8. ^ 鉄道ファン 1998年3月号 66頁
  9. ^ 練馬区統計書 - 練馬区
  10. ^ 新宿区の概況 - 新宿区
  11. ^ としまの統計 - 豊島区
  12. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  13. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  14. ^ 都営バス > バスのりば > 落合南長崎駅”. 東京都交通局. 2020年5月6日閲覧。
  15. ^ 逆方向(目白駅前経由新宿駅西口行)は当駅を経由しない。

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]