落合専右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

落合 専右衛門(おちあい せんえもん、? [注釈 1] - 天明3年12月10日1784年1月2日))は、江戸時代中期の商人[2]。前名は伊勢屋 市郎右衛門[2]

経歴・人物[編集]

天明の飢饉に端を発した天明3年(1783年)7月の陸奥国弘前藩領青森湊打ちこわしの指導者[1]。事件後捕えられ、全責任を負い獄死した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 生年については正徳年間(171116年)とする資料もある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『落合専右衛門』 - コトバンク
  2. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『落合専右衛門』 - コトバンク