落合氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

落合(おちあい)氏は、日本の氏族の一つ。

宇都宮氏族横田氏支流落合氏[編集]

落合氏
No image available.svg
本姓 藤原北家宇都宮氏横田氏支流
家祖 落合親綱
種別 武家
出身地 下野国河内郡落合郷
主な根拠地 下野国河内郡落合郷
著名な人物 落合親綱
落合業親
落合政親
凡例 / Category:日本の氏族

概要[編集]

落合(おちあい)氏は、中世下野国を根拠とした武家。

起源[編集]

落合氏は宇都宮氏の庶流横田氏の支流であり鎌倉時代に横田時業の四男である落合親綱が下野国河内郡落合郷に入って落合館を築き、落合氏を称したことを起源とする。しかし親綱の子の落合親業で断絶したという。

再興落合氏[編集]

戦国時代初期に下野宇都宮氏17代当主宇都宮成綱が庶長子を断絶していた落合氏の養子にして再興させた。庶長子は落合業親と名乗り、再興落合氏の祖となった。業親は父に似て文武に秀でた名将だったという。業親の子政親慶長2年(1597年)に今泉氏当主今泉高光が宇都宮氏の養子問題の一件で激怒した芳賀高武に攻められた際、救援として上三川城へ駆けつけ奮戦するが、最期は高光とともに自害した。その後間もなく主家の宇都宮氏は豊臣秀吉の命により改易された。

歴代当主[編集]

落合氏[編集]

  1. 落合親綱
  2. 落合親業

再興落合氏[編集]

  1. 落合業親
  2. 落合政親

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 恩田浩孝『座禅院昌尊の生涯 日光山の終焉と上三川 今泉家』(随想舎、2015年)ISBN 978-4-88748-312-5

その他の落合氏[編集]

日向落合氏[編集]

日向落合氏
No image available.svg
本姓 藤原南家工藤氏
種別 武家
出身地 日向国
主な根拠地 日向国
著名な人物 落合兼朝
凡例 / Category:日本の氏族

伊東氏庶流であり伊東氏祐が日向に下向する際、付き従い被官化した家系である。