落合洋司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

落合 洋司(おちあい ようじ、1964年3月 - )は日本弁護士。元検察官東海大学法科大学院元特任教授。

主に刑事事件全般、名誉毀損プライバシー侵害等の人格権にかかわる紛争等を扱う他、インターネット上のトラブルに精通しているとされる[1][2]。情報ネットワーク法学会会員、日本刑法学会会員。

略歴[編集]

エピソード・発言[編集]

  • テレビ番組からの電話取材に対しギャラが支払われなかったことで、「ノーギャラのケチンボ、が失笑もの」「俺はお前らのアシスタントじゃねーよ。馬鹿が」「電話してくる奴も、頭も人間性も、いかにも低レベル。馬鹿丸出し」と発言した[7][8]
  • Twitter上で政界進出について幾度も言及しており、2017年2月に「無所属で打って出る手もあるなと思い始めた。」などと無所属での出馬をほのめかしている[9]。その後、2017年9月22日に広島県第4区から出馬すると記者会見を行った[10]。「当選したら自民党に追加公認を求める」と発言していた[11]が、最下位で落選した。

政策[編集]

  • 2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、選択的夫婦別姓制度導入に賛成、としている[12]

著書[編集]

  • 『サイバー法判例解説』(共著、商事法務)
  • 『インターネット上の誹謗中傷と責任』(共著、商事法務)

脚注[編集]

関連項目[編集]