葉セン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「葉荃」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
葉荃
Ye Quan.jpg
プロフィール
出生: 1880年1月31日
光緒6年12月20日)
死去: 1939年民国28年)6月
中華民国の旗 中華民国雲南省雲県
出身地: 清の旗 雲南省順寧府雲州
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 葉荃
簡体字 叶荃
拼音 Yè Quán
和名表記: よう せん
発音転記: イェ チュエン
ラテン字 Yeh Ch'uan
テンプレートを表示

葉 荃(よう せん)は中華民国の軍人。滇軍(雲南軍、雲南派)の軍人で、後に国民軍でも高級指揮官をつとめた人物である。香石

事跡[編集]

日本に留学し、東京振武学校を経て陸軍士官学校第6期で学んだ。このとき、中国同盟会に加入している。帰国後は安徽講武堂総弁、川軍(四川軍)教練処幇弁、川軍第64標標統を歴任した。

中華民国成立後、葉荃は黔軍(貴州軍)第1師師長兼警衛第4団団長となった。1915年民国4年)12月、護国戦争が勃発すると、護国軍第5軍総司令に任ぜられている。1917年(民国6年)の張勲復辟後に、駐粤(広東)滇軍(雲南軍)第5軍総司令となった。後に雲南に戻り、雲南派指導者・唐継尭から靖国軍第8軍軍長に任ぜられ、四川省方面へ出撃している。

1921年(民国10年)1月、雲南へ引き返してきた葉荃は唐継尭への不満からクーデターを起こす。しかし、唐の側もこの動きは察知しており、葉は敗北して孫文(孫中山)を頼り広東へ逃亡した。なお偶然にも、葉の同僚で靖国軍第1軍軍長の顧品珍が、この好機にやはりクーデターを起こし、唐継尭を一時雲南から追放している。

広東では孫文から将校団団長兼左翼総指揮に任ぜられている。1923年(民国12年)2月3日、葉荃は中国国民党本部軍事委員会委員となった。1925年(民国14年)、馮玉祥率いる国民軍に加入し、国民軍第3軍副軍長兼第2師師長に任ぜられている。

1927年(民国16年)、蒋介石の招聘に応じて、葉荃は国民革命軍総司令顧問官兼滇川黔三省労軍使に任命された。1931年(民国20年)2月、国民政府により監察院監察委員に任ぜられている。1937年(民国26年)に引退・帰郷し、寺院でを学んだ。

1939年(民国28年)6月、死去。享年60(満59歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 雲南辞典編輯委員会編 『雲南辞典』 雲南人民出版社、1993年。ISBN 7-222-01264-8。
  • 余応彬 『黒紅門 滇系軍閥全伝』 団結出版社、2002年。ISBN 7-80130-552-3。