葛城弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
葛城 弘樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1963-09-21) 1963年9月21日(55歳)
身長
体重
174 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ
  • 東芝
オリンピック
男子 野球
1988 野球

葛城 弘樹(かつらぎ ひろき、1963年9月21日 - )は日本野球選手内野手)。

経歴[編集]

松山商では二塁手として1980年秋季四国大会に進むが、1回戦で高知商に敗退、その後も甲子園には届かなかった。国士舘大学に進学。当時二部リーグに低迷していた国士舘大だが、1983年秋季リーグに一部昇格を果たす。しかし1985年秋季リーグは部員の不祥事により出場停止処分を受け、翌年は三部リーグに降格される。大学の1年上に横谷彰将がいた。

卒業後は東芝に入社。1987年都市対抗では、二塁手としてエース菊池総を擁し、ルーキーながらチームの決勝進出に貢献。決勝ではヤマハに惜敗し準優勝にとどまるが、若獅子賞を獲得した[1]。翌1988年ソウルオリンピック野球日本代表に選ばれ、全試合に三塁手として先発出場した。予選の対台湾戦以外は一番打者を任されたものの、5試合で19打数ノーヒットに終わっている[2]

東芝では二番打者を務め、主将に就任した[3]1992年第20回社会人野球日本選手権大会では準決勝[4]、決勝[5]ともにタイムリーを放って優勝に貢献した。1993年第64回都市対抗野球大会はチームが予選で敗退したものの、谷口英功須田喜照らとともに日本石油に補強されて六番・二塁手としてポイントゲッターとしての役割を期待された[6]。決勝戦では延長にダメ押しのタイムリーを放つなど、期待に応えて日本石油の優勝に貢献している[7]

1995年には谷口が後任の主将となり、試合では指名打者として主に六番を任された[3]。同年をもって現役を引退し、その後は1998年から2001年までコーチを務めている。

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞、1987年8月6日付朝刊、P.1
  2. ^ 別冊宝島、1545号、P.70
  3. ^ a b 毎日新聞、1995年3月15日付朝刊、P.25
  4. ^ 毎日新聞、1992年10月17日付朝刊、P.20
  5. ^ 毎日新聞、1992年10月18日付朝刊、P.15
  6. ^ JX-ENEOS野球部インタビュー 石崎栄司
  7. ^ 毎日新聞、1993年8月1日付朝刊、P.13

関連項目[編集]