葛城茂麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茂麿王
葛城茂麿
葛城伯爵(1929~1947)
Katsuragi Shigemaro.jpg
身位 皇族)→ 伯爵華族
敬称 殿下 → 閣下
出生 1908年4月29日
日本の旗 日本 東京府東京市
死去 1947年1月10日
配偶者 細川敏子
子女 葛城茂久
葛城茂敬
葛城由子
葛城(志甫)伸子
父親 山階宮菊麿王
母親 菊麿王妃常子
テンプレートを表示

葛城 茂麿(かつらぎ しげまろ、1908年明治41年)4月29日 - 1947年昭和22年)1月10日)は、日本の元皇族。旧名、茂麿王。山階宮菊麿王の第五王子。母は菊麿王妃常子陸軍軍人、最終階級は陸軍中佐伯爵

来歴[編集]

山階宮菊麿王の第五王子として生まれるがその3日後に父が36歳で薨去。

1929年(昭和4年)7月に陸軍士官学校を卒業(陸士41期)。同年12月24日に願により臣籍降下して葛城伯爵家を創設する。

終戦時は陸軍中佐だった。

1947年(昭和22年)、40歳で死去。死因は白血病であり、陸軍在籍中に原子爆弾の研究に関わり被曝したことが原因とされる。

栄典[編集]

血縁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第848号「叙任及辞令」1929年10月26日。

関連項目[編集]

日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
葛城家初代
1929年 - 1947年
次代:
(爵位返上)