葛城隆雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
葛城 隆雄
Takao Katsuragi 1959 Scan10014.jpg
1959年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (1936-12-21) 1936年12月21日
没年月日 (2013-07-27) 2013年7月27日(76歳没)[1]
身長
体重
173 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年5月11日
最終出場 1970年5月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

葛城 隆雄(かつらぎ たかお、1936年12月21日 - 2013年7月27日[1])は、大分県大分市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

経歴[編集]

現役時代[編集]

大分上野丘高校では2年生の時、1953年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、東九州大会準決勝に進むが、佐伯鶴城高に敗れ甲子園出場はならなかった。高校の1年上に太田文高がいた。

卒業後の1955年別当薫監督率いる毎日オリオンズに入団。高卒新人ながら活躍を見せ、2年目の1956年にはレギュラー遊撃手となり、1957年三塁手に回る。1958年は遊撃手に戻るが、1959年からは三塁手に定着した。1956年に51失策、1957年に38失策、1958年に42失策と、3年連続で“失策王”になるなど守備面での粗さはあったものの、勝負強いバッティングで頭角を現し、2番・田宮謙次郎、3番・榎本喜八、4番・山内一弘とともに5番打者として「ミサイル打線」の一翼を担った。

1957年にリーグ3位の91打点を記録。1958年には1打点差で中西太西鉄)の三冠王を阻み、打点王を獲得。シーズン最終戦の最終打席で本塁打を打っての単独打点王確定であった。同年はリーグ3位の打率.305、リーグ3位の20本塁打も記録した。翌1959年もリーグ3位の打率.310、95打点で2年連続の打点王に輝く。本塁打は同僚の山内一弘に1本及ばずの24本でリーグ2位となった。1960年のリーグ優勝に貢献、大洋ホエールズとの日本シリーズでは4連敗を喫するが、16打数4安打2打点の記録を残す。1961年はリーグ4位の85打点、1962年にはリーグ3位の打率.333を記録。1962年は宇野光雄監督の意向で、矢頭高雄とポジションを交換し右翼手に回るが、翌1963年は三塁手に戻った。

ボールをじっくりと選ぶ山内・榎本と違い、初球からでも積極的に打ちにいった。そのためか、同程度の成績を残した選手たちと比較して、四球が少ない。また、同郷の稲尾和久に滅法強いことでも知られた。当時の西鉄監督の三原脩は、葛城に打順が回ると稲尾を一塁か外野に引っ込め、次の打者でまたマウンドに戻すという奇策を用いたほどである。

1964年前田益穂との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。中日では主に右翼手としてクリーンアップを任され、1966年には江藤慎一の故障もあって29試合で四番打者をつとめた。1968年まで定位置を守るが、翌1969年には江島巧らが台頭、出場機会が減少する。

1970年、代打の切り札として阪神タイガースに移籍するも、同年5月19日オートレースの八百長容疑で逮捕される(黒い霧事件)。6月18日、阪神は出場停止3ヶ月の処分を下し、そのままシーズン終了後に自由契約にて退団となり、現役を引退した。

引退後[編集]

引退後はオリオンズ時代の先輩である田宮が経営する自動車修理会社に勤務した。

2013年7月27日、76歳で死去した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 毎日
大毎
34 66 65 5 11 3 0 2 20 5 0 2 0 0 1 0 0 9 3 .169 .182 .308 .490
1956 142 542 512 52 128 25 6 13 204 64 6 7 5 4 18 3 3 52 14 .250 .276 .398 .675
1957 129 531 483 55 129 25 6 16 214 91 11 5 4 5 37 2 2 53 17 .267 .319 .443 .762
1958 125 514 482 65 147 30 5 20 247 85 17 3 3 4 23 5 2 41 15 .305 .338 .512 .850
1959 132 559 526 73 163 22 7 24 271 95 7 2 0 3 28 4 2 44 28 .310 .345 .515 .860
1960 121 482 455 39 134 17 4 5 174 43 7 4 1 3 21 1 2 29 20 .295 .326 .382 .709
1961 136 544 513 59 137 28 4 16 221 85 17 4 8 9 11 0 3 51 12 .267 .282 .431 .713
1962 123 501 477 62 159 33 1 9 221 62 11 7 1 2 18 3 3 25 4 .333 .360 .463 .823
1963 130 473 441 45 110 22 2 11 169 55 10 10 2 4 19 0 7 39 18 .249 .289 .383 .672
1964 中日 136 543 515 54 133 27 2 14 206 57 6 7 4 4 17 0 3 37 21 .258 .284 .400 .684
1965 122 445 418 23 114 12 4 4 146 47 6 8 9 2 12 3 4 20 13 .273 .298 .349 .647
1966 123 411 391 43 107 21 1 8 154 54 2 3 3 2 13 2 2 24 7 .274 .299 .394 .693
1967 127 416 384 50 106 20 2 20 190 59 4 2 1 5 19 2 7 41 10 .276 .318 .495 .813
1968 123 460 440 39 128 17 0 9 172 44 4 5 2 2 12 1 4 28 5 .291 .314 .391 .705
1969 70 157 136 10 31 2 0 2 39 9 0 0 4 2 11 1 4 15 6 .228 .301 .287 .587
1970 阪神 14 35 30 1 8 0 0 1 11 5 0 2 1 2 2 0 0 3 1 .267 .294 .367 .661
通算:16年 1787 6679 6268 675 1745 304 44 174 2659 860 108 71 48 53 262 27 48 511 203 .278 .310 .424 .734
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

  • 打点王:2回 (1958年、1959年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):2回 (1958年、1959年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1963年6月23日 ※史上81人目
その他の記録
  • サイクル安打:1回 (1957年8月27日、対南海ホークス戦、大阪球場) ※史上15人目
    • 20歳8ヶ月での達成は史上最年少での記録であるが、サイクル安打自体が認知されたのが1965年であり、そこから遡って調べて達成を認定されたため、葛城の記録について語られることは少ない。
  • オールスターゲーム出場:5回 (1957年 - 1960年、1962年)

背番号[編集]

  • 31 (1955年)
  • 5 (1956年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c OB NEWS Vol.59 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2013年10月). 2015年7月5日閲覧。

関連項目[編集]