葛山信貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
葛山信貞
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正10年(1582年3月
改名 義久(初名)→ 信貞
別名 通称:六郎、十郎
主君 武田信玄勝頼
氏族 甲斐武田氏葛山氏
父母 父:武田信玄、母:油川夫人
義父:葛山氏元
兄弟 武田義信海野信親武田信之黄梅院(北条氏政室)、見性院穴山梅雪室)、武田勝頼真竜院(木曾義昌室)、仁科盛信信貞武田信清松姫菊姫上杉景勝室)
おふち(葛山氏元の娘)

葛山 信貞(かつらやま のぶさだ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将駿河国葛山領の分郡領主で、葛山城城主。

駿相国境に位置する駿河駿東郡領主である葛山氏元の養子となり、氏元の次女「おふち」を正室に迎え、葛山領を継承した。信玄前期には、信濃侵攻において服従させた信濃国名族に対し実子に名跡を継がせて懐柔させる支配政策を行っており、信貞の異母兄の勝頼諏訪氏を、同母兄の盛信仁科氏をそれぞれ継承しており、葛山氏を継承した信貞も駿河における同様の支配方針であると位置づけられている。

略歴[編集]

甲斐国戦国大名武田信玄の六男(武田氏系図類による)、生母は油川夫人と伝わる。通称は六郎・十郎、初名は義久。「信」は武田氏通字。生年は不詳であるが、永禄2年(1559年)以前の出生と推定されている。

武田氏は駿河今川氏との同盟を含む甲駿相三国同盟を基盤に信濃国北部の川中島地域を巡り越後の長尾景虎(上杉謙信)と抗争を繰り広げていたが永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いを契機に今川氏との関係が悪化する。

永禄11年(1568年)12月には武田・今川間は手切れとなり、武田氏による今川領侵攻(駿河侵攻)が開始される。なお、この間の永禄8年(1565年)には武田家中において親今川派と見られている信玄嫡男の武田義信が廃嫡・幽閉されその後死去する事件が発生している。

武田勢が駿河へ侵攻すると、駿東郡の国衆・葛山氏元をはじめとした今川家臣の一部も武田方に内応するが、相模の後北条氏が駿相同盟に基づいて今川領国に出兵したため、葛山領は北条勢により接収された。氏元は駿河富士郡へ逃れているが、元亀元年(1570年)3月以降の動向は不明。

元亀2年(1571年)には武田方による駿東郡の深沢城が奪還されると旧葛山領は回復し、同年には甲相同盟の復活で支配も安定化した。葛山領では元亀3年(1572年)には武田氏の発給文書が見られ、この頃には信貞の葛山氏継承が懸案されていたと考えられている。

葛山氏を継承した頃の信貞は10代前半と推定されており、葛山領での発給文書も多くが信玄判物であり、信貞は葛山城には在城せず、甲府在府であったと考えられている。現地での政務は葛山家臣であった御宿友綱が代行し、友綱の文書が見られる。一方、葛山領は信玄・勝頼の判物が多く、葛山氏の分郡領主化は完成せず支配も安定的でなかった可能性が指摘されている。

天正10年(1582年)、織田信長甲州征伐により、兄の武田勝頼は甲斐国内において滅亡し、信貞も甲府の甲斐善光寺において自刃した。これにより葛山氏も滅亡した。

子に関する伝説[編集]

公式には信貞に実子は確認出来ない。しかし、『摂戦実録』によれば、家臣である御宿友綱の子で大坂夏の陣の最終戦・天王寺・岡山の戦いにて戦死した御宿政友は実は、信貞の実子という伝説がある。これが事実であれば、政友は信玄直系の孫である。

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六「戦国期武田氏の駿東郡支配」『武田氏研究』30号、2004年。