葛飾北英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

葛飾 北英(かつしか ほくえい、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

葛飾北斎の門人とされる。俗名不明、桃華園と号す。作は日本浮世絵博物館所蔵の「鐘馗図」(絹本着色)のほかには知られない。この絵には「桃華園北英筆」の落款と花押があるが、落款の「北」の字が北斎の文化期の書体に似ているという。なお『葛飾北斎伝』下巻には北斎の門人の中に「北英 雪花楼と号す、大坂の人」とあるが、この「鐘馗図」を描いた北英と同一人物かどうかは明らかではない。

参考文献[編集]

  • 飯島半十郎(虚心) 『葛飾北斎伝』(下巻) 蓬枢閣、1893年 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。74コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 日本浮世絵博物館編 『肉筆浮世絵撰集 解説』 学習研究社、1985年 ※73 - 74頁