董同ワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「董同龢」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
董同龢
出身地: 雲南省昆明市
職業: 言語学者
各種表記
繁体字 董同龢
簡体字 董同龢
拼音 Dǒng Tónghé
和名表記: とう どうわ、とう どうか
発音転記: ドン・トンホー
ラテン字 Tung T'ung-ho
テンプレートを表示

董同龢(とう どうわ[1]1911年10月12日1963年6月18日)は、中国台湾の言語学者。とくに上古音の研究で知られる。

生涯と業績[編集]

董同龢の実家は江蘇省如皋だが、雲南省昆明の祖父の家で生まれ、4-5歳のときに実家に帰った。のちに父が故宮博物院に職を得たため、一家で北京に移った。

1932年に清華大学に入学し、王力に音韻学を学んだ。1937年に卒業し、中央研究院歴史語言研究所に入った。日中戦争によって歴史語言研究所が奥地に移転すると、それに従って雲南省・四川省に移った。歴史語言研究所では1939年に米国から帰国した李方桂に音韻学を学んだ。董同龢は『湖北方言調査報告』の編集に参加し、また1940年に歴史語言研究所による雲南省と四川省の方言調査に従事した。「華陽涼水井客家話記音」(『集刊』[2]19、1948)は四川省の客家語を調査したもので、従来の方言研究が漢字の読みにかたよっていたのを改め、通常の話し言葉をもとにして音韻体系をまとめている。

上古音研究に関する主著『上古音韻表稿』(1944年出版)は、ベルンハルド・カールグレンの上古音の枠組みに基本的にはよりつつ、その多くの問題点を修正した。

「広韻重紐試釈」(『集刊』13、1948)では中古音の重紐を主母音の違いであると考えた。

1949年に歴史語言研究所とともに台湾に移り、国立台湾大学の教授に就任した。

『中国語音史』(中華文化出版事業委員会1954、董同龢没後の1968年に遺稿をもとに増補の上『漢語音韻学』と改題して出版)は中国語の音韻史のすぐれた概説書で、現代から中原音韻切韻・上古音と古い方へさかのぼる方式で書かれている。

台湾では閩南語の研究を行った。「四個閩南方言」(『集刊』30、1960)で厦門晋江龍渓掲陽方言を記述し、その比較を行った。またツォウ語の研究(『A Descriptive Study of the Tsou Language, Formosa』、没後の1964年に歴史語言研究所専刊48として出版)を行った。

教え子の丁邦新によって『董同龢先生語言学論文選集』(食貨出版社1974)がまとめられている。

脚注[編集]

  1. ^ 読みは頼惟勤『説文入門』(大修館書店1983)p.304 による。「とう どうか」とも。なお「」は「和」の異体字
  2. ^ 『中央研究院歴史語言研究所集刊』の略。以下同じ