葦原王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

葦原王(あしはらおう、生没年不詳)は、奈良時代皇族茅原王とも記される。天武天皇の曾孫で、従四位下山前王王子

生涯[編集]

天平宝字5年(761年)御使麻呂と賭博飲酒中に、俄に怒りを発し麻呂を刺殺した。そして、そのにして股肉をに切り刻み食してしまった。ほかにも余罪があったが皇族のため、淳仁天皇により死罪を免れ、龍田真人の賜姓を受け臣籍降下の上、子女6人とともに種子島配流された[1][2]

人物[編集]

生まれつき凶悪な性格で、好んで酒を飲ませる店で遊んだという[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『続日本紀』天平宝字5年3月24日条
  2. ^ 類聚国史』巻87「刑法部」一 天平宝字5年3月24日条

参考文献[編集]