イク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「淯州」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212)が含まれています詳細

(いくしゅう)は、中国にかつて存在した。歴史上、下記の2カ所に設置された。

河南の[編集]

本節では、現在の河南省南召県および方城県一帯に設置された州について述べる。南北朝時代西魏により設置された蒙州を前身とする。初には、蒙州は下部に2郡3県を管轄した。582年開皇2年)、広州襄邑郡の2県を編入した。601年仁寿元年)、州と改称された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い、州は陽郡と改称され、下部に3県を管轄した[1]。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
蒙州 広州 陽郡
雉陽郡 襄邑郡 武川県 向城県
方城県
武川県 向城県 北雉県 方城県 葉県

620年武徳3年)、により陽郡向城県に州が置かれた。625年(武徳8年)、州は廃止され、北澧州に編入された[2]

四川の[編集]

本節では、現在の四川省長寧県一帯に設置された州について述べる。700年久視元年)、唐により州が置かれた。州は瀘州都督に属し、新定・川・固城・居牢の4県を管轄した[3]のとき、州は瀘州の羈縻州であった[4]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 新唐書』地理志四
  3. ^ 旧唐書』地理志四
  4. ^ 宋史』地理志五