蒲刈町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かまがりちょう
蒲刈町
Flag of Kamagari Hiroshima.gif Kamagari Hiroshima chapter.jpg
町旗 町章
廃止日 2005年3月20日
廃止理由 編入合併
蒲刈町音戸町倉橋町安浦町豊浜町豊町呉市
現在の自治体 呉市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安芸郡
団体コード 34314-5
面積 18.89km2
総人口 2,658
(2004年4月30日)
町の木 ミカン
町の花 ミカン
蒲刈町役場
所在地 737-0401
広島県呉市蒲刈町宮盛1-2
外部リンク 蒲刈町総合案内HP
特記事項 町役場のデータは呉市役所蒲刈支所のものである。
 表示 ウィキプロジェクト

蒲刈町(かまがりちょう)は、広島県安芸郡に2005年3月まで存在した町であり、現在は呉市の一部となっている。

町域は呉市の東方の瀬戸内海に浮かぶ上蒲刈島といくつかの小島からなり、果樹栽培(主にミカンスモモ)とマリンレジャーで知られる。

近年は弥生時代の製塩法「藻塩焼き(もじおやき)」を現代に蘇らせた古代塩の生産地としても知られるようになっている。

2005年3月20日、安芸郡の音戸町倉橋町及び豊田郡豊浜町安浦町豊町とともに呉市へ編入合併したことに伴い消滅した。

地理[編集]

  • 七国見山(標高457m) - 山頂から安芸・備後・伊予等の7箇国が見渡せたとすることから。七国山とも称される。
  • 奥山(標高420m)
  • 上蒲刈島
  • 大子島
  • 沖島
  • 笹島
  • 千才 - 大浦地区の秋期祭礼で、櫂伝馬(かいでんま)競走の折り返し点として用いられる。
  • 荷島 - 灯台が設置されている。ひょうたん型の小さな島で、伊勢二見浦の夫婦岩に見立てて、しめ縄が張られている。
  • 大松島
  • 小松島 - 接岸施設あり。9月頃行われる「タコ観光」に参加すると上陸が可能である。
  • 小島

気候[編集]

気候は瀬戸内海式気候の影響により冬は温暖である。年間の降水量は1,200 - 1,400mmで全国の平均よりもやや少なく、そのため夏期に干害を生じたりもするが、1974年の安芸灘水道開通により、太田川水系より上水道を導水しており、現在は飲料水に事欠くような事態は少なくなった。

歴史[編集]

近世以前
  • 約3万年前の後期石器時代の鏃などが出土した遺跡があるため早い時期から人々の生活が始まったものと思われる。
  • 上蒲刈島東部の沖浦地区にある弥生時代の遺跡から製塩業が行われていたことを示す土器が出土している。
近代
  • 1889年4月1日 - 市町村制施行により安芸郡蒲刈島村が成立する。
  • 1891年7月27日 - 蒲刈島村が上蒲刈島村(上蒲刈島のうちの大浦・田戸・宮盛各地区)と下蒲刈島村(上蒲刈島にある向浦地区と下蒲刈島全域〔大地蔵・三之瀬・下島各地区〕)に分割される。
  • 1947年8月1日 - 下蒲刈島村のうち上蒲刈島にある向浦地区が独立し、安芸郡向村として村制施行する。
  • 1956年9月30日 - 上蒲刈島村と向村が対等合併して蒲刈町が成立する。
  • 1967年7月9日 - 集中豪雨のため大浦地区で5名死亡。災害救助法発動。
  • 1979年10月 - 蒲刈大橋(全長480m)が開通し、下蒲刈島と陸続きになる。
  • 1988年7月 - 町東部の沖浦地区に「県民の浜」の中核施設となるリゾートホテル「輝きの館」をオープン。
  • 1989年7 - 10月 - 地方博「海と島の博覧会・ひろしま」県民の浜会場を開催。
このころより、「県民の浜」周辺施設を核とした観光立町への動きを急激に進めた。

行政[編集]

歴代町長[編集]

  • 木村五左衛門 (初代 : 1956年10月 - 1960年10月)
  • 谷村純太郎 (2、3代 : 1960年10月 - 1968年9月)
  • 村本聞司 (4、5代 : 1968年9月 - 1976年1月) ※2期目の任期半ばに死去。
  • 鎌田正明 (6代 : 1976年2月 - 1980年1月)
  • 柴崎龍雄 (7 - 13代 : 1980年1月 - 2005年3月)

地域[編集]

総人口2,600人余りのうち65歳以上の高齢者が占める割合は41.6%(2000年国勢調査)と、ご多分に漏れず過疎・高齢化の悩みも抱えている。

大字・町名[編集]

  • 大浦(おおうら)
  • 田戸(たど)
  • 宮盛(みやざかり)
  • 向(むかい)

産業[編集]

戦前はサツマイモ等の畑作農業が主な産業であったが、戦後ミカンの栽培が全町に普及した。ただ、耕して天に至ると称された段々畑も、1991年4月のオレンジ輸入自由化とともに大幅な減反が行われ、今は見る影もない。現在はミカンなど柑橘類やスモモの栽培、漁業を主たる産業としている。

交通[編集]

鉄道[編集]

旧町域内は通っていない。

バス[編集]

高速バス
路線バス

道路[編集]

国道

旧町域内は通っていない。

主要地方道

旧町域内は通っていない。

一般県道

港湾[編集]

教育(2005年3月19日当時のデータ)[編集]

小学校
  • 蒲刈町立向小学校
  • 蒲刈町立蒲刈小学校
中学校
  • 蒲刈町立蒲刈中学校

2003年3月までは田戸地区に広島県立広高等学校蒲刈分校があったが、生徒数減少により廃校になった。

観光[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 県民の浜
  • 輝きの館 - 県民の浜にある木造の公営リゾートホテル。
  • 桂の滝 - 宮盛地区にある霊水。広島県名水十選に選ばれている。

特産品[編集]

  • 海人の藻塩 - 「万葉集」に詠まれている「藻塩焼き」の技法による古代製塩法を復元して作られた塩。ミネラル分が豊富。

関連項目[編集]