蒲刈町営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
町営バスのバス停
(1998年当時)

蒲刈町営バス(かまがりちょうえいバス)は、広島県安芸郡蒲刈町にてかつて運行していた廃止代替バスである。

概要[編集]

  • 1964年から町内を運行していた呉市営バスの路線が1983年に廃止されたため、町が直営で町営バスを運行開始した[1]
  • 夏休み期間中は、小中学生にプール利用無料乗車券を発行していた。
  • 運行形態は、道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送(いわゆる80条バス)であった。

路線[編集]

以下1路線があった。 ※2003年1月4日改正時点、全バス停記載[2]

  • 県民の浜 - 恋が浜 - 梶谷 - 営農センター - 宮田大橋 - 旧選果場前 - 大浦桟橋 - 蒲刈中学校 - 小浜 - 宮盛 - 蒲刈町役場 - 福祉の村前 - 田戸 - 車谷 - 立岩 - 福泊 - 北刈浜 - 向桟橋 - 向中央 - 向学校
    • 田戸と大浦桟橋で、呉方面から来る瀬戸内産交の路線バスや広島市方面から来る高速バス広島蒲刈線との接続が取られていた。

車両[編集]

町営バスの車両(1998年当時)


その後[編集]

呉市への編入後、町営バス路線は民間委託化され、ひまわり交通が受託運行していた。しかし、豊島大橋開通時の島内交通再編により、さんようバス・瀬戸内産交共同運行の大崎下島 - 広駅方面の直通バスに統合されるかたちで廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第7回呉市・蒲刈町合併協議会 協議事項 協議第33号 独自事業の取扱いについて(1)生活バスの運行(呉市公式HP) (PDF)
  2. ^ 蒲刈町公式HP(当時)にて公開されていた時刻表より