蒲原町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蒲原町
Flag of Kanbara Shizuoka.png Kanbara Shizuoka chapter.png
町旗 町章
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 編入合併
蒲原町静岡市
現在の自治体 静岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
庵原郡
団体コード 22382-4
面積 14.69km2
総人口 12,772
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 富士市由比町富士川町
町の木
町の花 さつき
蒲原町役場
所在地 421-3211
静岡県庵原郡蒲原町新田二丁目16番8号
外部リンク 蒲原町Internet Archive
座標 北緯35度7分6.8秒 東経138度35分58.8秒 / 北緯35.118556度 東経138.599667度 / 35.118556; 138.599667座標: 北緯35度7分6.8秒 東経138度35分58.8秒 / 北緯35.118556度 東経138.599667度 / 35.118556; 138.599667
蒲原町の県内位置
合併時点における位置図。緑色部分が蒲原町
 表示 ウィキプロジェクト

蒲原町(かんばらちょう)は、静岡県庵原郡に属していた。2006年(平成18年)3月31日、静岡市編入合併し、清水区の一部となった。

地理[編集]

蒲原町中心部の空中写真。1983年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

静岡市清水市の東側、富士市富士川の西側に位置する町であり、南側は太平洋に面していた。道路は国道1号東名高速道路、鉄道は東海道本線東海道新幹線がいずれも並行して町域を横断しており、東京大阪を結ぶ交通の要衝だった。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

江戸時代には東海道15番目の宿場町である蒲原宿が置かれていた。

行政[編集]

  • 町長 - 石川豊治(2006年3月31日をもって失職)

合併問題[編集]

由比町・蒲原町・富士川町庵原郡3町は、庵原郡合併問題等調査研究会を設けて合併交渉を行っていたが、富士川町の様相から合併特例法(旧法)の期限内の合併が無理と判断した。2003年(平成15年)7月15日に正式に調査研究会を解散し、自治体合併については各町それぞれで独自路線を歩むことが確認された。結果的に、由比町と蒲原町はそれぞれ静岡市と1市1町の合併法定協議会を設置してきたが、由比町は合併調印後の由比町議会の否決により、静岡市との合併が不成立となった。蒲原町は、極めて異例の議員発議の結果を参考とするとした住民投票があり、住民投票では合併否決の結果が出たが、これと由比町の結果の双方を踏まえ、蒲原町議会は飛地としての静岡市との合併を決めた。この結果、蒲原町は2006年(平成18年)3月31日に静岡市と合併した。

その後、2007年(平成19年)4月22日の由比町長選挙では合併推進派の望月俊明が当選し、由比町議会でも合併賛成の議員が過半数となったことから、由比町は静岡市と合併協議を再開した。その結果、由比町は2008年(平成20年)11月1日に静岡市清水区へ編入され、蒲原地区の飛地状態は解消された。

産業[編集]

日本軽金属・蒲原工場[1]

漁業[編集]

水産業が盛んであり、その中でサクラエビの漁獲が盛んである。それに伴い、缶詰工場・加工工場が集中している。[2]

  • 蒲原漁港

工業[編集]

富士川右岸の工業地帯を中心にし、自動車部品・アルミニウム関連製造会社・化学工業・工業用ゴムの製造会社が集中している。その中で日本軽金属が富士川水系の柿元ダム雨畑ダム水力発電自家発電)による電力を利用して、2014年3月まで日本で唯一のアルミニウム製錬を行っていた。発電用の水は富士川上流付近で採取し、地下に埋設された送水管を通って供給されている[2]

東京タワーなどの鉄塔の塗装を専門とする「鋼橋塗装」の職人を多く輩出している[3]

姉妹都市[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 旧五十嵐歯科医院 - 1914年(大正3年)に改装された洋風建築であり、現在は展示施設。登録有形文化財
  • 志田家住宅 - 安政年間(1855年-1860年)に再建された商家であり、現在は展示施設。登録有形文化財
  • 旧和泉屋(お休み処) - 江戸時代旅籠であり、現在は展示体験施設。登録有形文化財
  • 鈴木家住宅 - 店舗兼主屋が登録有形文化財
  • 吉田家住宅 - 主屋と石塀が登録有形文化財
  • 木屋江戸資料館 - 江戸時代の土蔵。渡邊家土蔵(三階文庫)として静岡市指定有形文化財。
  • 蒲原城址 - 静岡市指定有形文化財。

名産品[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1988年度撮影)
  2. ^ a b 蒲原町役場総務課『1995年 蒲原町町勢ガイド』静岡県庵原郡蒲原町、1995年、p.18
  3. ^ 東京タワー : 企画・連載 2「潮風から鉄塔守る」使命感」読売新聞

参考文献[編集]

  • 蒲原町役場総務課『1995年 蒲原町町勢ガイド』静岡県庵原郡蒲原町、1995年10月。