蒲生正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蒲生 正男(がもう まさお、1927年2月17日 - 1981年6月2日)は、日本の社会人類学者。

人物[編集]

東京生まれ。1950年明治大学政治経済学部政治学科卒業。泉靖一に師事。東京都立大学助手などを経て、明治大学教授。日本民族学会会長。アルフレッド・ラドクリフ=ブラウンの影響を受け、全体主義的機能主義によるフィールドワーク重視の実証的研究を試みた[1]

著書[編集]

編共著[編集]

翻訳[編集]

  • B.マリノウスキー『未開人の性生活』泉靖一,島澄共訳 河出書房 1957 のち新泉社
  • ジョン・ビアッティ『社会人類学 異なる文化の論理』村武精一共訳 社会思想社 1968
  • M.フリード, M.ハリス,R.マーフィー編『戦争の研究 武力紛争と攻撃性の人類学的分析』大林太良,渡辺直経共訳 ぺりかん社 1970
  • エルマン・R.サーヴィス『狩猟民』現代文化人類学 鹿島研究所出版会 1972

追悼論文集[編集]

  • 『社会人類学からみた日本 蒲生正男教授追悼論文集』村武精一,大胡欽一編 河出書房新社 1993

論文[編集]

脚注[編集]