蒼海郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
蒼海郡
各種表記
漢字 蒼海郡
日本語読み: そうかいぐん
テンプレートを表示

蒼海郡(そうかいぐん)は、紀元前128年武帝朝鮮北部から満州南部にかけて設置した植民地である[1]。『漢書』武帝紀では蒼海郡、『漢書』食貨志では滄海郡と表記される。

衛氏朝鮮に服属していた薉()の君主である南閭らが、衛氏朝鮮の衛右渠に叛いて、28万人を率いて漢に投降したことがきっかけで、蒼海郡が設置されたが、2年後の紀元前126年公孫弘の建議により廃止された。

蒼海郡の正確な場所は分かっていないが、「海」の字から日本海に面した地域と推定する説もあり、のちの玄菟郡または臨屯郡相当する地域とする説もある。蒼海郡がわずかな期間で早々に廃止されたことは漢の東方進出の一時的な頓挫を意味し、紀元前108年に漢が衛氏朝鮮を滅ぼしたことでようやく玄菟郡の恒久的な設置が実現した。

脚注[編集]