蒼羽りく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蒼羽 りく(そらはね りく、10月13日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。

東京都府中市[1]都立神代高等学校出身[1]。身長173cm[1]。愛称は「りく」[1]

来歴[編集]

2005年4月、宝塚音楽学校入学。同期には芹香斗亜桜咲彩花彩風咲奈愛月ひかる、OGに元雪組トップ娘役舞羽美海花陽みららがいる。

2007年3月、宝塚歌劇団に93期生として入団。入団時の成績は3番[2]星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台。その後、宙組に配属。

2010年、「TRAFALGAR」で、新人公演初主演。同年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第9期スカイ・フェアリーズを桜音れいと務める。

2012年凰稀かなめ実咲凜音トップコンビお披露目となる「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で、2度目の新人公演主演。

2013年、「風と共に去りぬ」で、3度目の新人公演主演。大役レット・バトラーを演じ、新人公演を卒業[3]

2014年、全国ツアー「ベルサイユのばら」では、アンドレに抜擢。

2015年、「New Wave!-宙-」(バウホール公演)で、メインキャストを務める。

2019年7月21日、「オーシャンズ11」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団予定。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2007年3月~4月、星組『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』(宝塚大劇場のみ)

宙組配属後[編集]

  • 2007年6月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』
  • 2008年2月、『黎明の風/Passion 愛の旅』新人公演:宮川喜一郎(本役:早霧せいな
  • 2008年7月、『雨に唄えば』(梅田芸術劇場)
  • 2008年10月、『Paradise Prince/ダンシング・フォーユー』新人公演:ケヴィン(本役:七帆ひかる
  • 2009年2月、『逆転裁判 -蘇る真実-』(バウホール・日本青年館)ルイス
  • 2009年4月、『薔薇に降る雨/Amour それは…』新人公演:フランシス(本役:北翔海莉
  • 2009年8月、『大江山花伝Apasionado!! II』(博多座)春風
  • 2009年9月、轟悠 ディナーショー『Yu, il mondo!』
  • 2009年11月、『カサブランカ』カレル、新人公演:バーガー(本役:鳳翔大
  • 2010年3月、『シャングリラ -水之城-』(ドラマシティ・日本青年館)蒼
  • 2010年5~8月、『TRAFALGAR-ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン』オーギュスト・バルモン、新人公演:ホレイショ・ネルソン(本役:大空祐飛*新人公演初主演
  • 2010年9月、蘭寿とむコンサート『“R”ising!!』(バウホール・昭和女子大学人見記念講堂)
  • 2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』新人公演:アンドレス(本役:北翔海莉)
  • 2011年3月、『ヴァレンチノ』(梅田芸術劇場)
  • 2011年5月、『美しき生涯/ルナロッサ』新人公演:疾風(本役:凰稀かなめ)
  • 2011年10月、『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』マシュー・オズモンド/新人公演:マリオ・ブラージ(本役:北翔海莉) 
  • 2012年1月~2月、『ロバート・キャパ 魂の記録』(バウホール・日本青年館)ヴァンサン・モンフォール 
  • 2012年4月~7月、『華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-』ロス・エリクソン、新人公演:キング・グラント(本役:鳳翔大)
  • 2012年8月~11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ケンプ、新人公演:ラインハルト・フォン・ローエングラム(本役:凰稀かなめ) *新人公演主演
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座)ウォルフガング・ミッターマイヤー
  • 2013年3月~6月、『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!-99年の愛-』ケント、新人公演:フェルナン(本役:朝夏まなと
  • 2013年7月~8月、『the WILD Meets the WILD』(バウホール)ギルバート・コーエン
  • 2013年9月~12月、『風と共に去りぬ』青年、新人公演:レット・バトラー(本役:凰稀かなめ) *新人公演主演
  • 2014年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録/シトラスの風Ⅱ』(中日劇場)フェデリコ・ボレル・ガルシア
  • 2014年5月~7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』ヴェール
  • 2014年8月~9月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(全国ツアー)アンドレ
  • 2014年11月~2015年2月、『白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX 宝塚!!-蘇る愛-』バハトマイスター
  • 2015年4月、『New Wave!-宙-』(バウホール) *メインキャスト
  • 2015年6月~8月、『王家に捧ぐ歌』サウフェ
  • 2015年10月、『相続人の肖像』(バウホール)ハロルド
  • 2016年1月~3月、『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!』ウィル・ケンプ 
  • 2016年5月、『王家に捧ぐ歌』(博多座)カマンテ
  • 2016年7月~10月、『エリザベート-愛と死の輪舞-ルドルフ、エルマー・バチャーニー、シュテファン・カロリィ(澄輝さやと桜木みなとと役替わり)
  • 2016年11月~12月、『バレンシアの熱い花/HOT EYES!!』(全国ツアー)ルーカス大佐
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』クレヨン(黒岩源太郎)
  • 2017年6月、『A Motion(エース モーション)』(梅田芸術劇場・文京シビックホール)
  • 2017年8月~11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』ウラジーミル・ボルジン
  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)チノ
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』ルサファ
  • 2018年7月~8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)チノ
  • 2018年10月~12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』ボッティチェリ
  • 2019年2月~3月、『黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA』(博多座)マクシームィチ
  • 2019年4月〜7月、『オーシャンズ11』バシャー・ター *退団公演 ※予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、134頁。ISBN 978-4-86649-004-5。
  2. ^ 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、119頁。ISBN 978-4-484-14601-0。
  3. ^ ラストチャンス射止め「幸せ」/蒼羽りく(朝日新聞デジタル プレシャス!宝塚 2013年10月17日)