蓮つかさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

蓮 つかさ(れん つかさ、10月25日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター。

宮城県大崎市[1][2]宮城県古川高等学校出身[1][2]。身長171cm[1]。愛称は「このちゃん」、「れんこん」[1]

来歴[編集]

2009年、宝塚音楽学校入学。

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団[3][4]。入団時の成績は8番。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台[1]

2012年、組まわりを経て月組に配属[4]

2014年、入団4年目に出演したショー「TAKARAZUKA 花詩集100!!」新人公演で、主演パート(本役:龍真咲)の一部を務める[3][4]

2017年、「All for One」で新人公演初主演[3][4]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[3][4]

人物[編集]

幼い頃からクラシックバレエを習い、小学3年生から高校時代まで、地元・宮城の市民ミュージカルに参加していた[3][4]

高校2年の時、「仙台七夕」で演目を披露する際、身長が170㎝近くあったため、先生から「(出演者の)男性が足りないから男装して出て」と言われ、男役を初体験[3]。もともとミュージカル好きゆえ、すぐに音楽学校受験を決意するも、1度目の受験は失敗[3]。両親から「中途半端な気持ちではダメ。宝塚か大学受験どちらかだけで」と覚悟を迫られ、宝塚を選択[3]。2度目の挑戦で合格を果たした[3][4]

芸名は、泥にまみれながら美しい花を咲かせるにちなんでつけた[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2016年11月、凪七瑠海ディナーショー『Evolution!』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、49頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e 山岸利行 (2019年5月23日). “<華宝塚>立ち回り気を引き締めて 蓮つかさ(月組)”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2019052302000192.html 2020年2月12日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m “蓮つかさ「本当の男性ではないからこそ、作り上げられる魅力がある」月組新人公演で初主演”. 産経WEST. (2017年7月27日). https://www.sankei.com/west/news/170727/wst1707270009-n1.html 2020年2月12日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i “初主演に「頭ぐちゃぐちゃ」も経験値武器/蓮つかさ”. 日刊スポーツ. (2017年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1854752.html 2020年2月12日閲覧。