蓮台寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蓮台寺駅
蓮台寺駅(2019年6月)
蓮台寺駅(2019年6月)
れんだいじ
Rendaiji
IZ14 稲梓 (2.7km)
(2.3km) 伊豆急下田 IZ16
所在地 静岡県下田市河内907番地の6
駅番号 IZ15
所属事業者 伊豆急行
所属路線 伊豆急行線
キロ程 43.4(伊東起点)
熱海から60.3km
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
386人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1961年昭和36年)12月10日
備考 早朝夜間無人駅
テンプレートを表示

蓮台寺駅(れんだいじえき)は、静岡県下田市河内にある、伊豆急行伊豆急行線である。駅番号IZ15

概要[編集]

当初は普通列車のみ停車する駅だったが、後に堂ヶ島行きの特急バスに接続するため、特急を含めた全列車が停車するようになった。しかし、特急からバスに乗り換えるほとんどの客は隣の伊豆急下田駅でバスに乗り換えるためか2007年平成19年)よりスーパービュー踊り子号は当駅通過となり、さらに2009年(平成21年)には踊り子号も含めてすべての特急が通過するようになった。同時に指定席特急券などの販売は廃止された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 伊豆急行線 下り 伊豆急下田方面 一部列車は2番線
2 上り 伊東熱海方面 一部列車は1番線

駅舎反対側の1番線を主本線とした一線スルー構造になっており、通過列車は両方向とも1番線を通過するのが基本である。停車列車は原則として方向別にホームを使い分けるが、通過列車待避の場合など、逆のホームに発着する列車もある。

構内[編集]

  • SuicaおよびSuicaと相互利用可能なICカード(PASMO等)は、伊豆急行線内全駅で利用可能であるが、当駅にチャージ機は設置されずチャージサービスには対応していない。

利用状況[編集]

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員386人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員
年度 1日平均
乗車人員
出典
1993年(平成05年) 533 [* 1]
1994年(平成06年) 508 [* 2]
1995年(平成07年) 485 [* 3]
1996年(平成08年) 562 [* 4]
1997年(平成09年) 615 [* 5]
1998年(平成10年) 633 [* 6]
1999年(平成11年) 646 [* 7]
2000年(平成12年) 590 [* 8]
2001年(平成13年) 624 [* 9]
2002年(平成14年) 605 [* 10]
2003年(平成15年) 581 [* 11]
2004年(平成16年) 600 [* 12]
2005年(平成17年) 649 [* 13]
2006年(平成18年) 653 [* 14]
2007年(平成19年) 402 [* 15]
2008年(平成20年) 460 [* 16]
2009年(平成21年) 435 [* 17]
2010年(平成22年) 418 [* 18]
2011年(平成23年) 390 [* 19]
2012年(平成24年) 385 [* 20]
2013年(平成25年) 392 [* 21]
2014年(平成26年) 395 [* 22]
2015年(平成27年) 384 [* 23]
2016年(平成28年) 394 [* 24]
2017年(平成29年) 386 [* 25]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
蓮台寺駅   西伊豆ライナー 中村大橋 下田駅 南伊豆東海バス
西伊豆東海バス
下箕作・大沢温泉口・松崎 堂ヶ島
  下田高校 蓮花寺 南伊豆東海バス 1日1本
高根山口     中村大橋 下田駅 西伊豆東海バス
  門脇 南伊豆東海バス 1日3本
    下箕作 賀茂逆川

隣の駅[編集]

伊豆急行
伊豆急行線
稲梓駅 (IZ14) - 蓮台寺駅 (IZ15) - 伊豆急下田駅 (IZ16)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

利用状況[編集]

静岡県統計年鑑

関連項目[編集]