蓮台寺 (倉敷市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蓮台寺

Rendaiji 01.jpg
総本殿

所在地 岡山県倉敷市児島由加2855番地
位置 北緯34度30分20.25秒
東経133度51分2.5秒
座標: 北緯34度30分20.25秒 東経133度51分2.5秒
山号 由加山
宗派 真言宗御室派
寺格 別格本山
本尊 十一面観音菩薩
瑜伽大権現
創建年 伝・738年天平10年)
開基 伝・行基
正式名 由加山 瑜伽大権現 蓮台寺
札所等 中国三十三観音6番
百八観音8番
文化財 客殿・多宝塔・菊慈童図屏風・梵鐘(県重要文化財)
銅剣(市重要文化財)
地図
蓮台寺 (倉敷市)の位置(岡山県内)
蓮台寺 (倉敷市)
法人番号 6260005004221
テンプレートを表示

蓮台寺(れんだいじ)は、岡山県倉敷市児島にある真言宗御室派の寺で別格本山。山号は由加山。本尊は十一面観音菩薩瑜伽大権現中国三十三観音霊場第6番札所、百八観音霊場第八番札所。

歴史[編集]

天平10年(738年行基が本尊である十一面観音菩薩と阿弥陀如来薬師如来垂迹である瑜伽大権現を祀って創建したのが始まりと伝えられる[1]平安時代末兵火にあって衰退したが、室町時代に入り増吽僧正によって中興された。江戸時代には備前国岡山藩の保護を受けた。古くから瑜伽大権現は信仰を集めてきたが、明治初年の神仏分離に伴い蓮台寺境内から由加神社(後の由加神社本宮)がつくられ、分けられた。

第二次世界大戦後の国家神道解体により、形式的には分離したままながら、僧職が本殿で祈祷を行う等事実上明治以前の形態に復し、蓮台寺により両者が一体的に運営されていた。このため由加神社としての宗教法人資格は一応保持し、神職も配置していたが、事実上休眠状態に近かった。

平成9年(1997年3月3日、由加神社が宗教法人としての独自活動を開始した。これ以降蓮台寺と由加神社は対立関係となるが、由加神社が独自の宗教活動を開始した経緯は不明である。

由加山の瑜伽大権現讃岐国にあった金毘羅大権現(現金刀比羅宮)を参る両参りと呼ばれる慣習が、江戸時代にはあったという。

概要[編集]

厄除けの権現さまとて信仰を集めている。平成19年(2007年)総高7m59cmの日本一の木造仏像の不動明王が完成した[2]

由加山参道は門前町が形成されており、あんころ餅が名物となっている。

文化財[編集]

  • 岡山県指定重要文化財
    • 客殿
    • 多宝塔
    • 菊慈童図屏風[3] 桃山から江戸初期 車輪のような描き方の松葉に様式化が見られるものの、勢いのある松や岩肌の力強い皴法を持ち、海北友松狩野山楽らの作風に通じる。
    • 梵鐘
  • 倉敷市指定重要文化財
    • 銅剣

所在地[編集]

  • 岡山県倉敷市児島由加2855番地

アクセス[編集]

隣の札所[編集]

中国三十三観音霊場
5 法界院 -- 6 蓮台寺 -- 7 円通寺

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 96-97ページ
  • 現地説明板

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]