蓮池薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蓮池 薫(はすいけ かおる、1957年9月29日 - )は、日本翻訳家新潟県柏崎市出身。新潟県立柏崎高等学校を経て[1][2]1978年から2002年まで北朝鮮による日本人拉致問題の被害者として、北朝鮮で生活。中央大学法学部卒業、新潟大学大学院修士課程修了。新潟産業大学経済学部准教授新潮ドキュメント賞受賞。蓮池透の実弟。

人物[編集]

1978年7月31日、中央大学法学部3年在学中に、夏休みで実家に帰省していたところを[3]当時交際していた奥土祐木子とともに、新潟県柏崎市の海岸で北朝鮮工作員、通称チェ・スンチョル[4]並びに共犯者・自称韓明一(ハン・ミョンイル)こと通称ハン・クムニョン[4]及び通称キム・ナムジン[4]拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。祐木子と結婚、一男一女をもうける。

北朝鮮の2002年に出した報告書では1993年3月に自殺したとなっている横田めぐみと1994年まで同じ集落で暮らしていた。また、増元るみ子は1979年4月に結婚し81年に死亡したことになっているが、蓮池の妻と1978年秋から1979年10月25日まで一緒に暮らしていたとされ、この間に3度引っ越しをしたという。

2002年10月15日帰国後、2005年から学校法人柏専学院嘱託職員となり新潟産業大学韓国語の教育に従事するかたわら、2004年9月24日中央大学に復学[5]。勉学のかたわら翻訳者としての仕事をこなし、2005年に初訳書『孤将』を刊行。2008年3月、中央大学法学部卒業。卒業にあたり、「やはり悔しい。拉致という悲惨さを感じずにはいられなかった」[6]と心中を語った。

2008年4月から新潟産業大学国際センター特任講師、2009年から新潟産業大学経済学部特任講師、2010年から新潟産業大学経済学部専任講師。同年、新潟大学大学院現代社会文化研究科社会文化論専攻(韓国・朝鮮史博士前期課程入学、のち修士(文学)の学位を得る。2013年4月、准教授に昇格。

拉致される前からポピュラー音楽が好きで、帰国直前のNHKニュースでは音楽を聴く蓮池の写真が公開されている。帰国直後には兄である透に「CDは知らないだろ?」と言われ(その時、「馬鹿にするな!北朝鮮にもCDはある」と反論した事が、蓮池透著の「奪還」に書かれている)、ボブ・マーリーレーナード・スキナードのCDを見せられたり、南こうせつから『国境の風』を収録したMDをもらったりしている。

帰国後は日本各地で講演を行い、自身の拉致や帰国後のできごとを語っている。

北朝鮮で過ごした経験から、北朝鮮にとっては体制を維持することが最優先と認識している。拉致問題においては、北朝鮮が国際的に孤立していく中で、日本は厳しい姿勢を取りつつも、いずれ対話ムードが生まれた時に北朝鮮が呼応しやすいような軍事技術に転用されないインフラ整備支援策を提示しておくべきと主張する。また「日本へ帰国して、本当に良かったと思っている。生活の豊かさ、便利さ、言論の自由が日本にはあるが、北朝鮮で拉致された日本人は、食糧は配給制、服など生活必需品は毎月支給される30ドル(約3000円)で賄い、生きがいもなかった」と胸の内を語っている[7]

著書[編集]

  • 『蓮池流韓国語入門』文春新書、2008年 ISBN 978-4166606597
  • 『私が見た、「韓国歴史ドラマ」の舞台と今』講談社、2009 
  • 『半島へ、ふたたび』新潮社 2009年 のち文庫(第8回新潮ドキュメント賞受賞)
  • 『夢うばわれても 拉致と人生』PHP研究所 2011
  • 『拉致と決断』新潮社 2012年 ISBN 978-4103165323

訳書[編集]

  • 金薫孤将』新潮社、2005 のち文庫 ドラマ『不滅の李舜臣』の原作小説)
  • 朴美景『走れ、ヒョンジン!』ランダムハウス講談社、2005 
  • ハン・チャンウク『成功への道—お金持ちになる「心得71」あなたも自分を変えてみませんか』産経新聞出版、2005
  • 咸翰姫 許仁順『冬ソナと蝶ファンタジー-韓国から見た日本の韓流ブーム』光文社、2006 
  • クォン・デウォン『ハル 哲学する犬』ポプラ社、2006 
  • キム・ジョンヒョン[要曖昧さ回避]『母よ ヘギョンの愛した家族』ワニブックス、2006 
  • 成和鏞『2015年のサムスン アジア最強企業の未来戦略』光文社、2006 Lee Jae Yong's Samsung in 2015
  • ユ・サンチョル チョン・ヒョンモク チョン・ガンヒョン アン・ヘリ キム・ジュンスル『韓流熱風—映画・テレビドラマ・音楽 強さの秘密』朝日新聞社、2006 
  • リュ・シファ『君がそばにいても僕は君が恋しい』綜合社、2006 
  • 孔枝泳私たちの幸せな時間』新潮社、2007 
  • クォン・デウォン『ハル〈2〉哲学する犬からの伝言』ポプラ社、2007 
  • ひとの役に立つ人間になりなさい。徳は才に勝る。-人生でもっとも大切な2つの訓え- (コウ・チョン・ヘソン)
  • ユ・ヒョンミン 王一民『母と旅した900日』ランダムハウス講談社、2008 
  • パク・ヒョンウク『もうひとり夫が欲しい』新潮社、2008 
  • ホ・ジノ キム・ヘヨン『ハピネス』ランダムハウス講談社、2008 
  • チョン・オクピョウ『韓国最強企業サムスンの22の成功習慣』阪急コミュニケーションズ、2008 
  • 李明博『オモニ ホームレスから大統領へ』講談社 2008
  • 孔枝泳『楽しい私の家』新潮社、2010 
  • 孔枝泳『トガニ 幼き瞳の告発』新潮社 2012

脚注[編集]

  1. ^ 高校野球2003”. スポーツナビ. 2012年10月16日閲覧。
  2. ^ 蓮池薫さんとの40分間彼が語り続けた全内容”. 北朝鮮に拉致された中大生を救う会. 2012年10月16日閲覧。
  3. ^ 蓮池薫さんが中大卒業へ”. 柏崎日報 (2008年3月4日). 2012年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c 国際手配被疑者一覧 警察庁
  5. ^ 蓮池薫さんが中央大に復学 以前と同じ学籍番号で”. 47news (2004年9月24日). 2012年10月16日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 蓮池薫さん、中央大卒業 50歳で「悔しい」”. asahi.com (2008年3月26日). 2012年10月16日閲覧。
  7. ^ [1]「「蓮池薫さん」が語った「北朝鮮の拉致解決にまだ打つ手はある」」2016年3月17日号,デイリー新潮

関連項目[編集]