蓼原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蓼原駅
たではら
TADEHARA
公庄 (1.7km)
(0.9km) 河守
所在地 京都府加佐郡大江町字蓼原
所属事業者 北丹鉄道
所属路線 北丹鉄道線
キロ程 11.5km(福知山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1923年(大正12年)9月22日
廃止年月日 1974年(昭和49年)2月28日*
備考 無人駅
* 1971年3月1日より休止
テンプレートを表示

蓼原駅(たではらえき[1][2])は、かつて京都府加佐郡大江町字蓼原(現在の福知山市大江町蓼原)にあった北丹鉄道廃駅)である。

歴史[編集]

蓼原駅は1923年(大正12年)、北丹鉄道の開通に合わせて開業した[3]

北丹鉄道は1971年(昭和46年)3月に営業を休止し、そのまま1974年(昭和49年)2月末に廃止許可[4]、当駅もこの時廃止された[5]

年表[編集]

駅構造[編集]

蓼原駅はホームが地面に接して置かれる地上駅であった。ホームは1面。停留場転轍器のない駅)であり[3]、駅員は配置されていなかった[8]

駅周辺[編集]

駅があった場所は国道175号沿いの無人野菜販売所「蓼原村の小さな家」付近に相当する[9]。北側は蓼原地区の集落、南側は田園地帯。駅の痕跡は残っていない[9][10]

当駅を含む公庄駅から河守駅までの区間の線路跡は、北丹鉄道の廃止後に開業した京都丹後鉄道宮福線の線路用地に転用されている[11][12]

その他[編集]

当駅があった福知山市大江町蓼原地区で毎年夏に開催される「水無月祭り」では、2012年(平成24年)より北丹鉄道車両(キハ101、ハニ11の2両)の大型模型の運行が行われている[13][14]。これは祭りの来場者のためのアトラクションとして、地元の有志が運搬用の三輪車を基に製作したものである[15]。2014年には前年秋の台風18号による水害の影響で一部が故障していたものの、故障箇所を修繕し復活させた[14]

隣の駅[編集]

北丹鉄道
北丹鉄道線
公庄駅 - 蓼原駅 - 河守駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和12年10月1日 現在鉄道停車場一覧 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ 京都大学鉄道研究会 1969では「たではる」。
  3. ^ a b c d 寺田 2010, p. 43.
  4. ^ 寺田 2010, p. 45.
  5. ^ a b c d 今尾 2008, p. 42.
  6. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1923年10月1日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ a b c 北丹鉄道の歴史, p. 25.
  8. ^ 京都大学鉄道研究会 1969.
  9. ^ a b 草むらの中走った北丹鉄道 廃止から30年 今でも多くの人の心の中に”. WEB両丹. 両丹日日新聞. 2018年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。
  10. ^ 新・鉄道廃線跡を歩く, p. 47.
  11. ^ 寺田 2010, p. 49.
  12. ^ 山本 2000, p. 6.
  13. ^ 北丹鉄道を大型模型で復活させて運行 大江町蓼原水無月祭り”. WEB両丹. 両丹日日新聞 (2012年7月30日). 2018年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。
  14. ^ a b 水害で壊れた旧北丹鉄道の大型模型を修理 水無月祭りで「運行」”. WEB両丹. 両丹日日新聞 (2014年7月24日). 2018年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。
  15. ^ 北丹鉄道の駅があった蓼原で住民らが客車再現 2両を夏祭りで披露”. WEB両丹. 両丹日日新聞 (2012年7月9日). 2018年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790027-2。
  • 今尾恵介(編著)『新・鉄道廃線跡を歩く』4(近畿・中国編)、JTBパブリッシング、2010年。ISBN 978-4-533-07861-3。
  • 京都大学鉄道研究会「北丹鉄道」『鉄道ピクトリアル』第19巻12月臨時増刊号(通巻232号)、鉄道図書刊行会、1969年12月、 64-71頁、 ISSN 0040-4047(再録:『私鉄車両めぐり 関西』鉄道図書刊行会〈鉄道ピクトリアル別冊 鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション 19〉、2010年、73-83頁。全国書誌番号:21848519
  • 寺田裕一『新 消えた轍 ―ローカル私鉄廃線跡探訪―』8 近畿、ネコ・パブリッシング〈NEKO MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-7770-1075-2。
  • 福知山市開発公社 編『北丹鉄道の歴史』福知山市開発公社、1988年。全国書誌番号:89020349
  • 山本武男 『北丹鉄道 ―河川敷に消えた小鉄道―』 ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 14〉、2000年。ISBN 978-4873662091。