蔚山現代FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
蔚山現代ウルサン ヒョンデFC
原語表記 울산 현대 축구단
呼称 UHFC
愛称 ホランイ(トラ)
アジアのギャング
アイアンメイス
クラブカラー     青(ブルー)
創設年 1983年
所属リーグ Kリーグ1
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 蔚山
ホームスタジアム Munsu 20121110 204310 5.jpg蔚山文殊サッカー競技場
収容人数 44,102
運営法人 現代重工業
代表者 大韓民国の旗 鄭夢準
監督 大韓民国の旗 洪明甫
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

蔚山現代FC(ウルサン ヒョンデ エフシー、朝鮮語: 울산 현대 축구단英語: Ulsan Hyundai(正式 Hyeondae) FC)は、韓国の南東部の蔚山広域市をホームタウンとするプロサッカークラブである。韓国プロサッカーリーグ・Kリーグ1に加盟している。

概要[編集]

現代財閥現代重工業鄭夢準会長)を母体としたチームで、1983年12月に国内で4番目となるプロサッカークラブとして誕生した。ホームタウンは蔚山である。現在のホームスタジアムは蔚山蔚山文殊サッカー競技場(収容人員は44,102人)。現在はKリーグ1に所属している。獲得タイトルは、AFCチャンピオンズリーグを2回、A3チャンピオンズカップを1回、Kリーグ1を2回、韓国FAカップを1回、韓国リーグカップを5回、韓国スーパーカップを1回制している。

「百獣の王である」(韓国語でホランイ)をマスコットとし、エンブレムにも取り入れている。クラブハウス及び練習グランドは日韓ワールドカップの際にスペイン代表が利用した韓国国内屈指の設備でもある。

2020年、 AFCチャンピオンズリーグの準決勝において、日本のヴィッセル神戸と対戦し、延長戦の末、2-1で勝利を収めたものの、日本や世界のサッカー界からはゴールの判定が誤審だったのではないか、という意見やネット上では八百長なのでは無いかと、蔚山現代や、当時の主審であったナワフ・シュクララ氏に対する誹謗中傷も相次いだ。

歴史[編集]

1983年現代ホランイサッカークラブとして創立。当時のホームタウンは江原道

1990年、現代重工業の本拠地でもある蔚山に移転し、蔚山現代ホランイサッカークラブに改称。

2012年、AFCチャンピオンズリーグではFC東京北京国安ブリスベン・ロアーと一緒になったグループリーグFを4勝2分の無敗で1位突破し、決勝トーナメント1回戦で柏レイソル、準々決勝でアル・ヒラル、準決勝でブニョドコル、決勝でアル・アハリを破って初優勝した。 アジア王者として、同年の12月6日に開催されたFIFAクラブワールドカップ2012では準々決勝でモンテレイに1-3で敗れて初戦敗退、続く5位決定戦でサンフレッチェ広島に2-3で敗れ、最終順位は6位に終わった。

2019年、AFCチャンピオンズリーグではラウンド16で浦和レッズに2戦合計2-4で敗れた。ホームスタジアムである蔚山文殊サッカースタジアムの芝生補修のため、7月から蔚山総合運動場でホームゲームを開催した。

2020年12月19日、ペルセポリスFCに決勝で勝利し、8年ぶり2度目のAFCチャンピオンズリーグ優勝となった。2度目の出場となったFIFAクラブワールドカップ2020では準々決勝でティグレスに1-2で敗れると、続く5位決定戦でもアル・ドゥハイルSCに1-3で敗れて2012年大会に続き6位で大会を終えた。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン 韓国FAカップ チャンピオンシップ その他
リーグ 順位
1984 Kリーグ 前期3位
後期2位
- 資格なし
1985 Kリーグ 4位 - 大会なし
1986 Kリーグ 前期6位
後期2位
- 準優勝 韓国プロサッカー選手権大会 優勝
第5回 ネロゴールドカップ参加
1987 Kリーグ 4位 - 大会なし
1988 Kリーグ 2位 大会なし
1989 Kリーグ 6位 - 大会なし
1990 Kリーグ 5位 - 大会なし
1991 Kリーグ 2位 - 大会なし
1992 Kリーグ 3位 - 大会なし アディダスカップ 5位
1993 Kリーグ 3位 - 大会なし アディダスカップ 2位
1994 Kリーグ 4位 - 大会なし アディダスカップ 5位
1995 Kリーグ 前期2位
後期3位
- 資格なし アディダスカップ 優勝
1996 Kリーグ 前期1位
後期9位
準決勝敗退 優勝 アディダスカップ 4位
アジアカップウィナーズカップ 3位
1997 Kリーグ 3位 準々決勝敗退 大会なし アディダスカップ 3位
プロスペックスカップA組 4位
1998 Kリーグ 2位 準優勝 準優勝 アディダスカップ コリアカップ 優勝
サムボチェンジアップサッカー大会 準優勝
1999 Kリーグ 6位 準決勝敗退 資格なし 大韓火災カップ 3位
2000 Kリーグ 27 6 2 19 26 37 20 10位 準々決勝敗退 資格なし
2001 Kリーグ 27 10 6 11 34 39 36 6位 準決勝敗退 大会なし アディダスカップ 4位
ソウル銀行杯 3位
2002 Kリーグ 27 13 8 6 37 27 47 2位 準々決勝敗退 大会なし アディダスカップ 2位
ハナ・ソウル銀行杯 ベスト8
2003 Kリーグ 44 20 13 11 63 44 73 2位 準決勝敗退 大会なし
2004 Kリーグ 前期3位
後期3位
準決勝敗退 準決勝敗退
2005 Kリーグ 前期3位
後期4位
ベスト16 優勝
2006 Kリーグ 前期9位
後期5位
ベスト32 資格なし A3チャンピオンスカップ 優勝
2007 Kリーグ 26 12 9 5 34 22 45 4位 準々決勝敗退 2回戦敗退
2008 Kリーグ 26 14 7 5 39 26 49 3位 準々決勝敗退 3位
2009 Kリーグ 28 9 9 10 32 29 36 8位 ベスト32 資格なし
2010 Kリーグ 28 15 5 8 47 30 50 5位 ベスト16 1回戦敗退
2011 Kリーグ 30 17 8 5 59 33 59 2位 準決勝敗退 準優勝 Kリーグカップ 優勝
2012 Kリーグ 44 18 14 12 60 52 68 5位 準決勝敗退 大会なし アジアチャンピオンズリーグ 優勝
FIFAクラブワールドカップ 6位
2013 Kクラシック 38 22 7 9 63 37 73 2位 ベスト16
2014 Kクラシック 38 13 11 14 44 43 50 6位 ベスト16
2015 Kクラシック 38 13 14 11 54 45 53 7位 準決勝敗退
2016 Kクラシック 38 14 12 12 41 47 54 4位 準決勝敗退
2017 Kクラシック 38 17 11 10 42 45 62 4位 優勝
2018 Kリーグ1 38 17 12 9 61 46 63 3位 準優勝
2019 Kリーグ1 38 23 10 5 71 39 79 2位 ベスト32
2020 Kリーグ1 27 17 6 4 54 23 57 2位 準優勝 アジアチャンピオンズリーグ 優勝
FIFAクラブワールドカップ 6位
2021 Kリーグ1

現所属メンバー[編集]

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループリーグ 第1節
鹿島アントラーズ vs 蔚山現代 フォーメーション

2021年2月16日現在

No. Pos. 選手名
1 大韓民国の旗 GK ジョ・スフク
2 大韓民国の旗 DF ぺ・ジェウ
3 オーストラリアの旗 DF ジェイソン・デビッドソン
4 オランダの旗 DF デイブ・ブルタイス
5 大韓民国の旗 DF イ・ドンヒ
7 大韓民国の旗 MF キム・インソン
8 ジョージア (国)の旗 MF ヴァコ
9 大韓民国の旗 FW 金智賢
10 大韓民国の旗 MF 尹ビッカラム
11 大韓民国の旗 MF イ・ドンジュン
13 大韓民国の旗 MF キム・ミンジュン
14 大韓民国の旗 MF 李東ギョン
16 大韓民国の旗 MF 元斗才
17 大韓民国の旗 MF カン・ドンヒョク
No. Pos. 選手名
18 大韓民国の旗 MF 金聖埈
20 大韓民国の旗 MF シン・ヒョンミン
21 大韓民国の旗 GK 趙賢祐
22 大韓民国の旗 MF 高明振
23 大韓民国の旗 MF キム・テファン
24 オーストリアの旗 FW ルーカス・ヒンテルゼーア
25 大韓民国の旗 GK ソ・ジュファン
30 大韓民国の旗 MF カン・ユング
33 大韓民国の旗 DF 洪喆
35 大韓民国の旗 MF 李浩
44 大韓民国の旗 DF 金基熙
55 大韓民国の旗 FW イ・ヒョンキョン
66 大韓民国の旗 DF ソル・ヨンウ
72 大韓民国の旗 MF 李菁龍
監督

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
大韓民国の旗 DF 裵栽釪
大韓民国の旗 DF 李尚敏
out
No. Pos. 選手名
-- 大韓民国の旗 DF チョン・スンヒョン
-- 大韓民国の旗 FW 李根鎬

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]