蔚州 (山西省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蔚州(うつしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から民国初年にかけて、現在の山西省大同市河北省張家口市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

北魏永安年間、懐荒鎮と禦夷鎮が廃止され、蔚州と改められた。蔚州は始昌郡・忠義郡・附恩郡の3郡7県を管轄した[1]。その州治は平遥県に移された。

北周のとき、その州治は霊丘県に移された。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、蔚州の属郡の霊丘郡は廃止された。606年大業2年)、蔚州は廃止され、その管轄県は代州に編入された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、代州は雁門郡と改称された[2]

620年武徳3年)、高開道に帰順すると、蔚州総管に任じられた。622年(武徳5年)、蔚州総管高開道は唐から離反した[3]623年(武徳6年)、唐により并州陽曲県に蔚州が僑置された。624年(武徳7年)、代州繁畤県に蔚州の州治が僑置された。625年(武徳8年)、忻州秀容県の北恒州城に蔚州の州治が僑置された。631年貞観5年)、隋の霊丘県の地に蔚州の州治が移転された。742年天宝元年)、蔚州は安辺郡と改称された。757年至徳2載)、安辺郡は興唐郡と改められた。758年乾元元年)、興唐郡は蔚州の称にもどされた。蔚州は河東道に属し、興唐・霊丘・飛狐の3県を管轄した[4]

936年天福元年)、後晋の建国にあたって、蔚州は燕雲十六州のひとつとして契丹に割譲された。

のとき、蔚州は西京道に属し、霊仙・霊丘・定安・飛狐・広陵の5県を管轄した[5]

1123年宣和5年)、蔚州の守将の陳翊が北宋に降った。蔚州は雲中府路に属すこととされた。1124年(宣和6年)、陳翊が軍に殺害され、蔚州は金に奪われた[6]

金のとき、蔚州は西京路に属し、霊仙・霊丘・定安・飛狐・広霊の5県を管轄した[7]

のとき、蔚州は上都路の順寧府に属し、霊仙・霊丘・定安・飛狐・広霊の5県を管轄した[8]

のとき、蔚州は大同府に属し、霊丘・広昌・広霊の3県を管轄した[9]

1728年雍正6年)、により蔚州は山西省大同府から直隷省宣化府に転属し、属県を持たない散州となった[10]

1913年中華民国により蔚州は廃止され、蔚県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』地形志二上
  2. ^ 隋書』地理志中
  3. ^ 旧唐書』高祖紀
  4. ^ 『旧唐書』地理志二
  5. ^ 遼史』地理志五
  6. ^ 宋史』地理志六
  7. ^ 金史』地理志上
  8. ^ 元史』地理志一
  9. ^ 明史』地理志二
  10. ^ 清史稿』地理志一