志多伯天将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

志多伯 天将(したはく てんしょう、1645年1月4日順治2年12月8日)- 1725年1月29日雍正2年12月16日))は、琉球王国歴史家、官僚。正史中山世譜』を編纂。志多伯家10世で蔡温の父。金城親雲上梁沢の子で後に志多伯家の養子になった。唐名を蔡 鐸(さい たく)という。童名思徳(うみとく)。

1677年康熙16年)に尚貞王の命により、『歴代宝案』を修正し、さらに1697年からは『中山世鑑』の漢文訳・補訂し、『中山世譜』を完成させた。生存中、多く詩を残している。その一部が『中山詩文集』に収録されている。

蔡鐸は正室の真呉瑞との子・蔡温嗣子にしようとしたが真呉瑞が反対し、側室の眞多満との子・蔡淵嗣子としたといわれる。

年表[編集]

家族[編集]

  • 父 梁沢金城親雲上
  • 養父 蔡錦福嶺親雲上
  • 正室
    • 真呉瑞(号・梅岳。父は安里筑登之兼高葉必達)
  • 側室
    • 眞多満
  • 子女
    • 長男 蔡淵 (側室の眞多満が母)
    • 次男 蔡温(正室の真呉瑞が母)
    • 長女 (童名思津奴。都通事梁津に嫁ぐ)
    • 次女 松嘉寧

関連項目[編集]