蔭山秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蔭山 秀一(かげやま しゅういち、1956年7月4日 - )は、日本実業家三井住友銀行取締役副会長を経て、ロイヤルホテル代表取締役社長。元関西経済同友会代表幹事。

人物・経歴[編集]

大阪府大阪市生まれ。大阪府立大手前高等学校を経て[1][2]、1979年神戸大学経済学部卒業、住友銀行(現三井住友銀行)入行[3]。関西営業畑を歩み[3][2]支店長熊本支店長、今里法人営業部長、大阪駅前法人営業部長、梅田法人営業第二部長、神戸法人営業第一部長、執行役員京都北陸法人営業本部長、常務執行役員等を歴任[4]

2012年三井住友銀行取締役兼専務執行役員に昇格。2014年取締役兼副頭取。2015年取締役副会長[4]。同年から関西経済同友会代表幹事を務め、大阪へのIR誘致などにあたった。2017年からロイヤルホテル社長を務め、関西財界人脈を活かし競争力強化を進めた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
川崎亨
ロイヤルホテル社長
2017年 -
次代:
(現職)
先代:
村尾和俊
関西経済同友会代表幹事
2015年度 - 2016年度
次代:
鈴木博之