蔵主町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 青森県 > 弘前市 > 蔵主町
蔵主町
蔵主町の位置(青森県内)
蔵主町
蔵主町
蔵主町の位置
座標: 北緯40度36分32.52秒 東経140度28分11.42秒 / 北緯40.6090333度 東経140.4698389度 / 40.6090333; 140.4698389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hirosaki, Aomori.svg 弘前市
人口 (2017年(平成29年)6月1日現在)[1]
 - 計 138人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 036-8345
市外局番 0172[2]
ナンバープレート 青森

蔵主町(くらぬしちょう)は、江戸期から現在にかけての青森県弘前市の地名。郵便番号は036-8345。2017年6月1日現在の人口は138人、世帯数は83世帯[1]

地理[編集]

大浦町の裏手に位置し、長坂町と南北に並走する筋道の町。町域の北部は亀甲町、東部は長坂町、南部は東長町、南西部は下白銀町、西部は大浦町に接する。

歴史[編集]

  • 正保3年 - 町屋とある(津軽弘前城之絵図)。
  • 慶安2年 - 当地の中央を東西に流れる二階堰を境に、南部は「くろうず町」、北部は「くろうず町下町御小人町」と分けられる。「くろうず町」は23軒に屋敷割りされ、小売商や、屋号のある商家。「くろうず町下町御小人町」は少禄の武家屋敷町で20軒の屋敷(弘前古御絵図)
  • 寛文13年 - 町屋は無くなり、町名は侍町となる(弘前中惣屋敷絵図)。
  • 延宝5年 - 二階堰の南が上蔵主町、北は下蔵主町となる。また、史料によっては蔵人町(くろうず町)と表記される(弘前惣御絵図)。
  • 元禄9~10年・宝永2~4年 - 武家屋敷の郭外移転により、上・中級藩士の屋敷街に変わる。
  • 享和3年 - 武家屋敷18(御家中町割)。
  • 明治初年 - 蔵主丁と呼ばれ、「黒主」とも書かれた。町域は「長三丁四十六間二尺、巾三間」とあり、戸数16(国誌)。
  • 1871年(明治4年) - 当地に菊池九郎が一時期滞在。
  • 1875年(明治8年) - 菊池九郎宅を集会所として弘前基督教会を設立。
  • 1901年(明治34年) - 当地に第一高等女学校開校。
  • 1960年(昭和35年) - 当地にあった弘前実業高校跡地に弘前合同庁舎が建設される。

沿革[編集]

  • 江戸期 - 弘前城下の一町。
  • 明治初年~明治22年 - 弘前を冠称。
  • 1889年(明治22年) - 弘前市に所属。

施設[編集]

教育[編集]

医療[編集]

  • 板垣歯科医院

行政[編集]

  • 弘前合同庁舎
  • 青森県弘前合同庁舎別館

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

大字 番地 小学校 中学校
蔵主町 全域 弘前市立時敏小学校 弘前市立第一中学校

交通[編集]

中央高校前(ためのぶ号 津軽藩ねぷた村経由 - りんご公園線)停留所。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オープンデータひろさき 弘前市 町名別人口・世帯数_平成29年” (日本語). ひろさき未来戦略研究センター (2017年6月1日). 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

角川日本地名大辞典 2 青森県(角川書店)