蔵持重裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蔵持 重裕(くらもち しげひろ、1948年4月 - )は、日本日本史学者。立教大学名誉教授。

東京都足立区生まれ。東京都立京橋高等学校卒。1972年立教大学文学部史学科卒、新日本出版社に入る。1979年立教大学大学院修士課程修了、1982年一橋大学大学院経済学研究科博士課程後期退学。指導教官は永原慶二[1]。1983年まで一橋大学助手。1994年滋賀大学経済学部助教授、1998年教授、「日本中世村落社会史の研究」で立教大学文学博士。1999年立教大学文学部教授。2014年退職、名誉教授[2]池上裕子に師事した。

著書[編集]

  • 『日本中世村落社会史の研究』校倉書房 歴史科学叢書 1996
  • 『中世村の歴史語り 湖国「共和国」の形成史』吉川弘文館 2002
  • 『声と顔の中世史 戦さと訴訟の場景より』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2007
  • 『中世村落の形成と村社会』吉川弘文館 2007

共編著[編集]

  • 集英社版・学習漫画 日本の伝記』立案・構成 柳川創造シナリオ 全9巻 1987-89
  • 『絵で読む日本の歴史 3 武士と農民 鎌倉~戦国』佐々木勝男共編 石井勉絵 大月書店 1990
  • 『荘園と村を歩く 2』藤木久志共編著 校倉書房 2004
  • 『歴史をよむ』鵜飼政志,杉本史子,宮瀧交二,若尾正希共編 東京大学出版会 2004
  • 『再考中世荘園制』遠藤ゆり子,田村憲美共編 岩田書院 2007
  • 『中世の紛争と地域社会』編 岩田書院 2009
  • 『紛争史の現在 日本とヨーロッパ』藤木久志監修 服部良久共編 高志書院 2010

論文[編集]

脚注[編集]