蕨小島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
蕨小島
Warabikojima.jpg
中心部にあるのが蕨小島。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 日本の旗 日本長崎県五島市
所属諸島 五島列島
座標 北緯32度49分40.1秒 東経128度53分39.3秒 / 北緯32.827806度 東経128.894250度 / 32.827806; 128.894250座標: 北緯32度49分40.1秒 東経128度53分39.3秒 / 北緯32.827806度 東経128.894250度 / 32.827806; 128.894250
面積 0.03 km²
海岸線長 1.8 km
最高標高 44 m
Pfeil links unten rot.svg 五島列島における蕨小島の位置
Pfeil links unten rot.svg
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

蕨小島(わらびこじま)は、長崎県五島列島久賀島の北東に浮かぶ島である[1]。全島が長崎県五島市に属する。面積は約0.03km2で、日本最小の有人島である。

地理[編集]

五島列島の久賀島の蕨集落の北東700mに位置する。

  • 面積 - 0.03km2
  • 周囲 - 1.8km
  • 標高 - 44m
  • 人口 - 6人[2](2019年

生活[編集]

島の人口は6人(2019年現在)。水道は久賀島から海底送水により供給されている[3]全員が「小島」姓の親戚で、カトリック信徒である。[要出典][4]

警備安全
島内に交番・消防署などは設置されていない。[5]そのため、救急の場合などは島外に出て通報しなくてはならない。
産業
ハマチ養殖などの漁業。島の全戸が共同で営んでいる。[6]
交通
定期航路などの公共交通機関は存在しない。島外者が来島するには福江島、久賀島などからチャーター船を手配する必要がある。全戸が漁船を所有しており、島民は自家用の漁船、学童はスクールボートで島外と往来している[3]
かつては、干潮時には久賀島との間の浅瀬を歩いて渡ることができたが、航路のため浚渫され不可能となった。
学校
島に学校はない。対岸の五島市立久賀小学校五島市立久賀中学校へスクールボート「小島」で通学する。
医療機関
島内に医療機関はない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ながさきのしま-長崎県,2011-03-04閲覧。
  2. ^ 離島における介護サービスの状況(令和元年度調査)
  3. ^ a b 公益財団法人日本離島センター『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』公益財団法人日本離島センター、2019年、1148頁。ISBN 9784931230385。
  4. ^ 蕨小島(わらびこじま)”. nihonshima.net. 2021年1月4日閲覧。
  5. ^ 対岸の久賀島には駐在所があるが、消防署は福江島にしかない。
  6. ^ 蕨小島” (日本語). 日本の国境に行こう!!. 2021年1月4日閲覧。

関連項目[編集]