蕭サツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「蕭詧」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
宣帝 蕭詧
後梁
初代皇帝
王朝 後梁
在位期間 555年 - 562年
都城 江陵
姓・諱 蕭詧
理孫
諡号 宣皇帝
廟号 中宗
生年 天監18年(519年
没年 大定18年(562年
蕭統
元太后
后妃 宣静皇后
陵墓 平陵
年号 大定 : 555年 - 562年

蕭 詧(しょう さつ)は、南朝後梁の初代皇帝。

生涯[編集]

の昭明太子蕭統の三男。中大通3年(531年)に岳陽郡王、東揚州刺史に任命され、会稽で勢力を伸ばした。中大同元年(546年)には雍州刺史となり襄陽に移っている。太清3年(549年)に次兄の長河東王蕭誉が叔父の湘東王蕭繹(後の元帝)の攻撃を受ける事件が発生すると、蕭詧は救援の兵を起こすが失敗、窮して西魏へ降ることとなった。大統16年(550年)に西魏によって梁王に冊封されるなど優遇された。承聖3年(554年)に西魏が江陵を攻撃すると元帝は投降、蕭詧はこれを殺害した。

その後555年に梁皇帝を自称し、元号を大定と定めて自立した。しかし江陵の周囲800里の地以外、襄陽を含めすべて西魏に併呑されており、国勢は振るわなかった。大定18年(562年)に崩御し、次男の蕭巋がその地位を継承した。

伝記資料[編集]

  • 梁書』巻55(列伝第49)
先代:
元帝
南朝後梁の初代皇帝
555年 - 562年
次代:
明帝