蕭和尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

蕭和尚(しょう かしょう、生没年不詳)は、契丹)の政治家は洪寧。

経歴

国舅大父房の後裔。開泰初年、御盞郎君に任じられ、まもなく内史・太医等局都林牙となった。北宋に対して正月を祝う使者として赴いたとき、宴会の席次を節度使の下に置かれた。和尚は「このような席次は大国の使者にふさわしい礼遇ではない。また錦服を賜物とするのは、蕃部に対する待遇のようだ。もしこのようなことであれば、わたしは宴会に参加しない」と言った。そこで宋側は賜物を紫服に換え、席次は執政と同等に改めた。

8年(1019年)秋、唐古部節度使となり、死去した。

弟に蕭特末があった。

伝記資料

  • 遼史』巻86 列伝第16

今日は何の日(10月22日

もっと見る