蕭図古辞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蕭図古辞(蕭圖古辭、しょう とこじ、生没年不詳)は、契丹)の政治家は何寧。契丹楮特部の出身。

経歴[編集]

重熙年間に出仕し、有能で知られ、左中丞に累進した。清寧初年、北面林牙を経て、北院枢密副使となった。口がうまく、道宗の顔色をうかがってうまく応対したので、日増しに寵遇されるようになった。知北院枢密使事となった。6年(1060年)、知黄龍府として出向した。8年(1062年)、南府宰相に任じられた。ほどなく北院枢密使となった。

枢密使として勤めること数カ月、推薦した人物の多くが耶律重元の党与となったため、耶律重元の乱の後に罷免されて庶民とされた。後に奴隷として興聖宮に入れられ、死去した。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻111 列伝第41 姦臣下