蕭孝友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蕭孝友(しょう こうゆう、991年 - 1063年)は、契丹)の外戚は撻不衍。小字は陳留。欽哀蕭皇后の弟にあたる。

経歴[編集]

蕭陶瑰の子として生まれた。開泰初年、外戚として任用され、小将軍の位を受けた。太平元年(1021年)、大冊の礼において、左武衛大将軍・検校太保の位を加えられ、孝友の名を賜った。

重熙元年(1032年)、西北路招討使に累進し、蘭陵郡王に封じられた。8年(1039年)、陳王に進んだ。10年(1041年)、政事令の位を加えられ、效節宣庸定遠功臣の称号を賜り、呉王に改封された。後に兄の蕭孝穆蕭孝忠を葬ると、京師に帰還して南院枢密使となり、翊聖協穆保義功臣の称号を賜り、趙王に進み、中書令に任じられた。母の喪のために辞職したが、15年(1046年)に北府宰相として復帰した。

18年(1049年)、西夏遠征に参加して、枢密使蕭恵とともに敗戦の責を問われたが、欽哀皇太后のとりなしで許された。19年(1050年)、東京留守となり、燕王に徒封された。上京留守に転じ、さらに秦王に進んだ。

清寧元年(1055年)、尚父の位を加えられた。しばらくしてまた東京留守となった。2年(1056年)、再び北府宰相となった。洛京留守に遙任され、さらに純徳功臣の称号を賜った。後に致仕すると、豊国王に封じられた。

9年(1063年)、子の蕭胡睹が耶律重元を立てて反乱を起こすと、孝友も連座して処刑された。享年は73。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻87 列伝第17