蕭徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蕭徳(しょう とく、生没年不詳)は、契丹)の政治家軍人蕭唐古とも書かれる。は特末隠。契丹楮特部の出身。

経歴[編集]

穏和な性格で、学問に励み、礼法を好んだ。太平年間、牌印・直宿を領した。重熙19年(1050年)、北院枢密副使に進んだ。林牙の耶律庶成とともに律令の改正にあたり、契丹行宮都部署に転じた。

清寧元年(1055年)、同知北院枢密使に転じ、魯国公に封じられた。3年(1057年)、南府宰相に任じられた。5年(1059年)、南京統軍使に転じた。9年(1063年)、再び南府宰相となった。耶律重元の乱が起こると、耶律涅魯古を斬首し、功績により漢王に封じられた。

咸雍元年(1065年)、老年のため引退を願い出たが、許されなかった。咸雍3年(1067年)、尚父の位を加官され、致仕した。享年は72。

伝記資料[編集]