蕭抜剌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蕭抜剌(しょう ばつら、生没年不詳)は、契丹)の軍人は別勒隠。

経歴[編集]

蕭敵烈の弟にあたる。開泰年間、兄が右夷離畢となると、郎君に補任された。のちに六部禿里太尉に累進した。太平9年(1029年)、大延琳が反乱を起こすと、抜剌は北院と南院の兵を率いて乱の鎮圧にあたった。蒲水で遭遇戦となったが、このとき南院の兵がひるんで退却した。手山でまた反乱軍と遭遇すると、抜剌は両院の旗幟を取り替えて武勇を鼓舞し、奮戦して反乱軍を撃破した。

重熙年間、四捷軍詳穏に転じ、引退して郷里に帰った。数年後、昭徳軍節度使として再び起用された。まもなく国舅詳穏に転じ、死去した。

伝記資料[編集]