蕭敵魯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

蕭敵魯(しょう てきろ、? - 918年)は、契丹)の外戚は敵輦。

経歴

敵魯は蕭胡母里の5世の孫である。母は徳祖の妹。淳欽述律皇后は、敵魯の姉にあたる。

敵魯は膂力にすぐれ、耶律阿保機の側近として仕えて、その征戦には必ず同行した。耶律阿保機が即位すると、敵魯は弟の蕭阿古只や耶律釈魯・耶律曷魯らとともに宿衛を統べた。敵魯は北府宰相に任じられ、その官を世襲することとされた。

耶律阿保機が劉守光を征討したとき、敵魯は海浜の地を経略し、多くの人々を殺し捕らえた。耶律阿保機の弟の耶律剌葛らが乱を起こし、敗れて北方に潰走すると、敵魯は軽騎を率いて昼夜兼行で追撃し、楡河でその一党を撃破し、剌葛を捕らえた。のちに西南夷を討ったときも、功績は諸将に先んじた。918年3月に死去した。

伝記資料

  • 遼史』巻73 列伝第3

今日は何の日(10月20日

もっと見る