蕭薬師奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蕭薬師奴(しょう やくしど、生没年不詳)は、契丹)の政治家

経歴[編集]

蕭朮哲の甥にあたる。祗候郎君に補任された。太康年間、興聖宮使となり、同知殿前点検司事に累進した。寿昌3年(1097年)、右夷離畢に転じた。4年(1098年)、西夏李乾順北宋の攻撃を受けて救援を求めてきた。道宗は薬師奴を北宋への使者に立てて撤兵を求めると、北宋はこれを受け入れた。5年(1099年)、薬師奴は帰国すると南面林牙となり、知契丹行宮都部署事を兼ねた。

乾統初年、安東軍節度使として出向し、死去した。

伝記資料[編集]