蕭誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蕭 誉(しょう よ、519年-550年6月22日)は、南朝梁の昭明太子蕭統の次男。字は重孫後梁の皇帝蕭詧の兄。

経歴[編集]

普通2年(521年)、枝江県公に封じられた。

中大通3年6月癸丑(531年7月14日)、河東郡王に封ぜられ、食邑2000戸が与えられた。さらに寧遠将軍・領石頭戍事に任じられ、琅邪彭城二郡の太守になった。

大同3年4月丁卯(537年4月27日)、南徐州刺史に任じられ、後に侍中・軽車将軍となった。

太清2年4月戊寅(548年5月10日)、南中郎将に任ぜられ、湘州刺史となった。

同年、侯景の乱が発生する。蕭誉は軍を率い都の建康に向かったが、青草湖[1]に到着したときは既に建康は占領されていたので、湘州に軍を戻した。

このころ、湘東王蕭繹は軍を率い郢州の武城(現在の湖北省武漢市黄陂区)にいたが、雍州刺史の張纘が蕭繹に「河東王は兵を起こし、岳陽王(蕭詧)は米を集めており、共にわれわれに従わずまさに江陵を攻めようとしています。(河東起兵,岳陽聚米,共爲不逞,將襲江陵。)」と密告した。

蕭繹は周弘を目付として蕭誉の元に送ったが、蕭誉は従わなかった。

蕭繹は大いに怒り、長男の蕭方等を蕭誉討伐に向かわせたが、蕭方等は敗死した。蕭繹はさらに鎮兵将軍鮑泉を蕭誉討伐に派遣したが勝てず、鮑泉は更迭され領軍将軍王僧弁に替えられた。

大宝元年5月辛未(550年6月22日)、湘州城は王僧弁に攻められ、蕭誉は斬首された。

大定元年(555年)、西魏の支援を受け後梁を興した蕭詧により、蕭誉は丞相を追贈され、武桓諡号された。[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 洞庭湖の南部にあった湖。現在は洞庭湖と一体になっている。zh:青草湖 (湖南)の項も参照
  2. ^ 『周書』巻四十八·列伝第四十:“贈兄河東王誉丞相,諡曰武桓”