薗田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

薗田 稔(そのだ みのる、1936年4月27日[1] - )は、日本神職宗教学者秩父神社宮司京都大学名誉教授宗教学民俗学の視点を入れた神道研究、日本宗教史研究をおこなっている。

経歴[編集]

埼玉県秩父市出身。埼玉県立熊谷高等学校を経て、1960年東京大学文学部宗教学科卒業、1965年東京大学大学院博士課程修了。1972年國學院大學文学部講師1974年に同助教授1981年に同教授1991年京都大学教養部教授、のち総合人間学部教授、2003年國學院大學神道文化学部特任教授皇學館大学大学院特任教授を歴任。

2005年より神道国際学会会長、インターナショナル・シントウ・ファウンデーション会長を務める[2]

受賞歴[編集]

  • 1976年 第11回日本宗教学会賞

著書[編集]

単著[編集]

  • 『祭りの現象学』(弘文堂, 1990年、新版2014年)
  • 『神道の世界』(弘文堂[神道ブックレット], 1997年)
  • 『誰でもの神道 宗教の日本的可能性』(弘文堂, 1998年)
  • 『文化としての神道 続 誰でもの神道』(弘文堂, 2005年)

編著[編集]

執筆[編集]

  • 『身近な森の歩き方 - 鎮守の森探訪ガイド』(文英堂, 2003年)
  • 『全国一の宮めぐり(Gakken Mook) ビジュアル神社総覧』(学研, 2004年‐2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.324
  2. ^ ラーク便り”. 宗教情報リサーチセンター (2005年). 2017年11月13日閲覧。