薩州家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

薩州家(さっしゅうけ)は、薩摩国守護大名島津氏の分家。

島津宗家8代当主である島津久豊の次男、用久(好久)よりはじまる。「薩州家」の名前は用久薩摩守を称したことに由来する。2代当主国久の死後に起こった御家騒動は、他の分家をも巻き込んだ騒乱となった。一時は半独立状態にあったが、5代当主実久は島津宗家当主の座を巡る争いで、一時的に宗家当主・薩摩守護に就いたと考えられている[1]が、最終的には同じく分家の伊作家に敗北した。以後は島津宗家を継いだ伊作家系に従う。7代当主忠辰はこうした経緯からか豊臣秀吉九州平定に対しては、宗家よりも先に降伏した[1]朝鮮出兵に際し秀吉の怒りを買い改易され、忠辰が朝鮮在陣中に病死したため、薩州家はその所領を失った。

歴代当主[編集]

  1. 島津用久(1401年 - 1459年)
  2. 島津国久(1442年 - 1498年)
  3. 島津成久(1464年 - 1536年)
  4. 島津忠興(1486年 - 1525年)
  5. 島津実久(1512年 - 1553年)
  6. 島津義虎(1536年 - 1585年)
  7. 島津忠辰(1565年 - 1593年)

系図[編集]

太字は当主。[ ]は、その氏の祖を意味する。
島津久豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠国
(宗家)
[薩州家]
用久1
[豊州家]
季久
[羽州家]
有久
[伯州家]
豊久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国久2[大田氏]
延久
芳雲夫人
(島津立久室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成久(重久)3[大野氏]
忠綱
[吉利氏]
季久
[寺山氏]
光久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠興4寛庭夫人
(島津忠良室)
 
 
[西川氏]
興久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津勝久実久5
 
上ノ城忠辰忠兼新納忠茂室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義虎6[三葉氏]
忠継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠辰7忠隣
(日置島津家へ)
忠清忠栄忠富
(入来院氏へ)
忠豊

脚注[編集]

  1. ^ a b 山口研一「戦国期島津氏の家督相続と老中制」(初出:『青山学院大学文学部紀要』第28号(1986年)/所収:新名一仁 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第一巻 薩摩島津氏』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-103-5)