薩摩飛脚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

薩摩飛脚」(さつまひきゃく)は大仏次郎の小説、およびそれを原作とした映画・テレビドラマ。

概要[編集]

幕末期、薩摩藩に潜入した幕府の隠密である「薩摩飛脚」・神谷金三郎を主人公とした物語。

映画[編集]

1932年・1933年版[編集]

1932年9月15日に「薩摩飛脚 東海篇」、1933年4月13日に「薩摩飛脚 剣光愛欲篇」として公開。製作は日活

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1938年版[編集]

1938年8月13日に公開。製作は新興キネマ。1932年版の伊藤自身によるリメイク版である。

フィルムは現存しないとされていたが、2007年ロサンゼルス全米日系人博物館から東京国立近代美術館フィルムセンターに寄贈された日系アメリカ人の伴武(ばん・たけし)のフィルムのコレクションから発見された[1]。ただし、オリジナルがトーキーだったのに対し、発見されたフィルムはサウンドトラックのないサイレントである[2]。現存86分。

スタッフ[編集]

  • 監督:伊藤大輔
  • 脚本:原健一郎
  • 撮影:三木稔

    

キャスト[編集]

1951年版[編集]

1951年12月21日に公開。制作は松竹京都撮影所。配給は松竹モノクロスタンダード。上映時間は96分。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1955年版[編集]

1955年11月1日に前篇、11月15日に完結篇が公開された。制作は東映

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 神谷金三郎:市川右太衛門
  • 松村欽之助:北原隆
  • おるい:長谷川裕見子
  • 堀江喜内:三島雅夫
  • 池谷太七郎:河村満和
  • 芸者小きん:花柳小菊
  • 伊集院帯刀:進藤英太郎
  • 志和地圭十郎:楠本健二
  • 山の上大造:加賀邦男
  • 有村庄八:津村礼司
  • まむしの利兵衛:吉田義夫
  • お神楽伝次:堺駿二
  • 覚眞和尚:月形龍之介
  • 梶川平馬:中野文男
  • 小田切惣三郎:三条雅也(前篇)
  • 柴田佐十郎:夏川大二郎(前篇)
  • 江見主膳:月形哲之介(前篇)
  • 藤倉源左衛門:沢田清(前篇)
  • 古賀同庵:上代悠司(前篇)
  • 秋元但馬守:香川良介(前篇)
  • 戸川佐内:有馬宏治(前篇)
  • 女中てる:赤木春恵(前篇)
  • 女中きよ:吉田江利子(前篇)
  • 女中おくら:吉野登洋子(前篇)
  • 有馬頼太:百々木直(前篇)
  • 田原屋重兵衛:清川荘司(前篇)
  • 舟宿女房おたき:浦里はるみ(前篇)
  • 舟頭竹吉:杉狂児(前篇)
  • 舟頭直吉:山内八郎(前篇)
  • 舟頭長八:小田部通麿(前篇)
  • 下男辰造:水野浩(前篇)
  • 大野三十郎:関根栄二郎(前篇)
  • お栄:鳳衣子(前篇)
  • 松村伊織:原健策(完結篇)
  • べっこうやお才:勝浦千浪(完結篇)
  • 宗方新介:遠山恭二(完結篇)
  • 山下五左衛門:浅野光男(完結篇)
  • 赤堀玄哲:荒木忍(完結篇)
  • べっこうや番頭:矢奈木邦二郎(完結篇)
  • 助川源五兵衛:高松錦之助(完結篇)
  • 北原清一郎:近江雄二郎(完結篇)
  • 本多六右衛門:大文字秀介(完結篇)
  • 未川久馬:大丸巌(完結篇)
  • 吉田屋彦右衛門:明石潮(完結篇)
  • 吉田屋手代長助:丘郁夫(完結篇)
  • 黒装束の侍:加藤正男(完結篇)
  • 豊後山荘の侍:国一太郎(完結篇)
  • 蘭学者:三島良二(完結篇)

テレビドラマ[編集]

1958年版[編集]

1958年10月4日から1959年4月25日まで読売テレビが制作し、日本テレビ系列で放送。全30回。放送時間(JST)は土曜20:00 - 20:30。早川電機工業(現:シャープ)一社提供

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

日本テレビ 土曜20時台前半枠
前番組 番組名 次番組
藤川兵助功名囃
薩摩飛脚
(1958年版)
日本テレビ系 早川電機工業一社提供
【当番組のみ読売テレビ制作】
白い桟橋
(土曜20:30 - 21:00)
※NTV制作
薩摩飛脚
(1958年版)
シャープクライマックス
人生はドラマだ
(土曜20:00 - 21:00)
※NTV制作

1982年版[編集]

1982年6月11日フジテレビ系列の「時代劇スペシャル」で放送。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]